どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

Volume7

「Volume7」
レビューとか感想とか。


青春群像活劇全開な作品でした。
しかしこれもまた、「名作になり損ねた良作」って感じになってしまったのが本当に惜しい。


話が難解なわけでは決してない、伝え方が下手だった。
「結」の作りこみが甘いとやっぱり全体的な評価は下がらざるを得ないですねぇ。


キャラや世界観、設定なんかは文句なしに素晴らしいといえます。


※ネタバレ反転
[ 2008/11/19 14:45 ] .エロゲー Volume7 | TB(0) | CM(0)

Volume7 (琴良ルート)

「Volume7」
空いた時間にトロトロプレイ中。


内世界編最後はウェヌスの堅物監査官・尾上龍護&内世界の菊下米店の娘・菊下琴良ペア。


ぶっちゃけ最初からけっこうやばいネタバレルートなので、絶対最後に回さなければならないルート。
かなり謎や伏線の量も他2ルートより多め。

やっぱりウェヌス絡みだから?


※ネタバレ反転

[ 2008/11/16 21:52 ] .エロゲー Volume7 | TB(0) | CM(0)

Volume7 (梗香ルート)

「Volume7」
空いた時間にコソコソプレイ中。

やっと二つ目のルートをクリア。
あと一つで解決編だ。


次はTLSの学生新人リポーター・紀野 梗香と、ユピテルでありながら梗香の手伝いをすることになった常盤十丸ペア。


前の八代&さくらルートに続いて、新たなる謎が。


※ネタバレ反転


[ 2008/11/09 12:58 ] .エロゲー Volume7 | TB(0) | CM(0)

Volume7 (さくらルート)

Rococoworksの「Volume7」プレイ中。
なかなか面白そうな世界観に惹かれて買いました。


絵もいいですねぇ、とても見やすくて綺麗。


選択肢はあるものの、どうやら基本的に一本道みたいですね。
外世界編→内世界編(3つのルート)→フィナーレ
のような流れになってると思う。

で、3つのルートは結局全部やらないとグランドフィナーレにたどり着けないからね。


と言うわけで、最初は売れない絵描き・辻占八代&自称幽霊の謎少女・道明寺さくらペアで。



※ネタバレ反転
[ 2008/11/03 01:12 ] .エロゲー Volume7 | TB(0) | CM(0)