どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

MHX-最後の招待状-

はいどーも。僕です。
MHX、村最終クエスト制覇の巻第2回。

今回挑戦するのは、ポッケ村最後の依頼「最後の招待状」
MHP2の舞台であるポッケ村の最後の依頼ということで、元ネタももちろんMHP2の村最終クエストより。

私もモンハンデビューがMHP2からだったため、このクエストに初めて出会った時のことはよく覚えてますね・・・

内容は闘技場でラージャン2頭同時。
MHP2では二頭目がクエスト開始から一定時間後 or 一頭目撃破後だったのに対し、MHXでは最初から二頭同時のため、ラージャン二頭を同時に捌く高いプレイヤースキルか、分断などを用いた綿密な作戦が必須。


それじゃあ、殺るよ~~。


まずは作戦会議。
とにかくパワフルなラージャンを二頭も同時に相手し続けるのは愚の骨頂、そんなわけでもちろん二頭を分断し、可能な限り1対1で戦える時間を増やします。

ケムリ玉は必須。掴まれた時用のこやし玉や、緊急時のモドリ玉、閃光玉はお好みで。
怒り時にしか効かないが、引っかかれば長時間拘束出来る落とし穴は便利。

分断にはケムリ玉と闘技場の柵を使います。

装備は前回の「終焉を喰らう者」編と同じ、凄烈弓にシャガル一式でキノコ大好き。

闘技場に入ったら即ケムリ玉。この時、BCでの準備に手間取っていると入った瞬間に二頭に気づかれてしまうのでさっさと入場しましょう。
ケムリ玉で敵の視界を塞いだらさっさと柵起動。これで1対1。

ただし柵を使うと当然戦えるエリアの広さが半分になるので、とにかく暴れまわるタイプのラージャンが相手だとこの狭さが命取りにもなるので1対1だからといって慢心せず、全力で殺しに行くこと。

ただしケムリ玉を使ったとしてもラージャンの超射程ビームがウロウロしてる奴に当たると当然気づかれるので、正直運も絡むしあんまり過信しないほうがいいと思うよ。



まさか柵もケムリ玉も切れたタイミングで猫が二匹とも撤退するとか完璧裏切り行為ですね・・・・あとで宇宙漂流の刑です。


瀕死の重傷まで追い込まれましたが、何とか閃光玉とマンドラゴラのおかげで0乙でクリアすることが出来ました。
ラージャンが比較的低体力であること、そして凄烈弓の火力の高さも相まって17分ちょっとでクリアできました。一頭目倒すまでが大変でしたが、きついと思ったらモドリ玉で逃げるもよし、柵が使えるまで武器閉まって逃げまわるもよし。
ぶっちゃけ逃げまわるだけでもラージャン同士で攻撃が当たるんでHPは削れてるんですよね。

ラージャンの体力を考えると時間が足りないということにはならないと思うんで、攻め急がずじっくり攻略して行きましょう。



次回、金銀夫婦編
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL