どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

千の刃濤、桃花染の皇姫 朱璃ルート

僕です。
千桃、終わりました。前の記事書いてる時には終わってましたが。
勝手に長いかなーって想像してたんで、予想よりサクッと終わってよかったです。よかったのか?

最後はもちろんメインヒロインの救国の皇帝、宮国朱璃。

本作のメインルートであり、グランドエンド。
とは言いつつもこの前の古杜音ルートとは最終決戦直前まで分岐しないんですけどね。

はたして朱璃と宗仁は破滅に向かう皇国を救うことができるのか!


※ネタバレ有り


こちらのルートでは雪花が古杜音との戦いで勾玉を破壊することに成功。この勾玉こそ、カハクの力を封じていたもの。封印から解き放たれたカハクはいよいよ本気で皇国を滅ぼしにかかる。

宗仁と朱璃は天京にて、自分たちの体を内に眠るご先祖さまに明け渡し、強敵カハクを倒そうと計画。
最後の戦いの前にお互いの想いを伝え合う二人。まぁ朱璃の宗仁に対する好感度は遥か前から吹っ切れていたし何を今更感ですが、宗仁は最初こそ忠義の示す対象が国とか皇帝とか、そういう広い範囲でしか見れない頭でっかちだったが、最後にここまでくれば朱璃という一個人を絶対に守るという強い絆が生まれている。

ただ、最初から最後まで自己犠牲欲の強い人たちばかりでモニャモニャしますね。武人らしいと言えばらしいですが、どうも苦手で。

しかし結局ご先祖様も二人の力を認め、はるか昔から存在する自分たちよりも今を生きる若人に全てを託すことに。

宗仁と朱璃はカハクと、古杜音を利用して根の国との道を開こうとする雪花にはエルザや滸などが立ちはだかり、いざ最終決戦。
紆余曲折あって劣勢だったカハク達だが、根の国との接続には無事成功してしまい、ついに神の力と対決することに。

はい、勝てるわけがありません。何とか自分たちの身を守るので精一杯で反撃に転じるにはとてもとても。
このまま神の力の前に皇国は滅びてしまうのか?ってそうはいかんざき。なんと宗仁は自ら根の国に赴いて、度重なる呪術の使用が生み出した歪みを全部斬るので、この場は助けて欲しいと持ちかける(持ち帰るのは朱璃だけど)
不死の存在故、宗仁がその約束を果たせず、再び神の怒りを買うことはないが・・・・・当然、朱璃からしてみれば下手したら今生の別れになるかもしれない取引。



と思ったんですけどあっさり許しちゃいましたね。

そんなわけで宗仁は根の国へ。ちゃっかり朱璃が皇国にはびこる歪みを全部持って帰ってってお願いしたんでカハクまで根の国送り。この女、やり手。
こうして皇国には平和が訪れた。
朱璃は皇帝の座に落ち着き、皇国は共和国側と手を取り、新たなスタートを切る。

が、そこに宗仁の姿はない。
その悲しみから街中に桃の花びらを振り撒く朱璃だが、なんとその目の前に宗仁が!早くね!?たった二ヶ月で帰ってきたよ!?ちょっとした出張かよ!

なんとまぁ現皇帝の朱璃の涙が大御神の琴線に触れたらしく、根の国の神と取引して、歪みを全部やっつけたんで宗仁を元の世界に返してって訴えたそうです。神様同士仲が良いことで。
ちなみにカハクは宗仁から分離したミツルギに捕まって結局根の国住まい確定、っていうかこいつ本当に倒せないんだな。


そんなわけでまた離別エンドかと思いましたが、代打逆転満塁ホームランで大団円にて完結!


物語全般を通してどこか生の感情が欠落してるような雰囲気を漂わす宗仁君ですが、話が進むにつれて徐々に変化が見られ、この朱璃ルートにて満を持してその感情が頂点になりましたね。朱璃がどうこうよりもまるで宗仁ルートやな。

最終決戦は正直冗長でかなりダレました。おまけに神様まで出てきちゃってもうどうすんのこれって感じでしたが、畳み方としては設定勝ちって感じでしょうかね。神の存在だって作中でずっと言ってましたし。

最後の朱璃の涙(桃の花びら)で街中が染まる展開も、「あ、その設定そこで使うの」って感じだったけど、どうせならガッツリ一枚絵とか使って欲しい場面だったな、魅せ所じゃない?


まぁ色々思う所はありますが、とりあえずはそれなりにきちんとオチがついたので良かったです。全体的な話なんかは次回の更新で書くので。
ただ朱璃ルート以外がほぼIF扱いなもんで、やっぱりシナリオ方面はこの朱璃ルートが感想の大半を占めることになっちゃうのかなぁ。こういう構成はそこが難しいところですね。特に他ルートが軒並み短いときたら特に。



はい、なんか色々書こうとしても作品全体への感想に近い感じになっちゃうんで、諸々は次回。

ちなみに今更なんですけど、初代皇帝でエロシーン1枠必要???????????????????
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

あぐりゅー

Author:あぐりゅー
ゲームと
ガンダムと
エロゲがちょっと好き。
だいたいそんな感じ。



Twitter : AgRyu



コメントなどはご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック