どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

Volume7

「Volume7」
レビューとか感想とか。


青春群像活劇全開な作品でした。
しかしこれもまた、「名作になり損ねた良作」って感じになってしまったのが本当に惜しい。


話が難解なわけでは決してない、伝え方が下手だった。
「結」の作りこみが甘いとやっぱり全体的な評価は下がらざるを得ないですねぇ。


キャラや世界観、設定なんかは文句なしに素晴らしいといえます。


※ネタバレ反転
<システム>
ゲームの展開としては
外世界→内世界(3ルート)→真世界
という流れでエンディングへ。

基本的な機能は全部ついているし、誤字脱字もあまり見られず。

ただ真世界編は視点がコロコロ変わるので混乱しないように注意。
そこに関してはちょっとやりすぎ感を感じました。

選択肢はあるんだけでど、一本道っぽいのであんまり意味がない。


<キャラ>
十丸は意外に変態。
そして登場人物ほぼ全員が深くストーリーに絡んできます。
なにせフーセンまでもが意外な正体を晒します。


ツインテールの琴良さんは反則だと思うよ。

でも一番はリョウコかなぁ、いいテンションしてる。



<グラフィック>
文句なし。
「綺麗」というよりは「可愛い」という感じの絵は好きです。


<サウンド・ボイス>
主人公も含めて全員ボイスあり。
だがHシーンのときだけ特定の性別の声をカットすることもできたり。

みんな上手だなぁ、最後のほうの十丸は特にね。

サウンドも良曲ばかり。

で、このゲームの素晴らしいところはOP曲と各ルート終了後に流れる挿入歌「ゼロの軌跡」
名曲やで~。


<エッチ>
シナリオ重視で買ったので、これに関しては完璧ノーマークだったのですが・・・。
うん、まぁ、やっぱり琴良さんいいよ、可愛い。


グランドフィナーレ後に追加されるおまけは全てHシーンです。


<シナリオ>
まだ終わっちゃいないだろ!

前半~中盤はけっこうほのぼのした展開で進むんだけど、各ルート終盤から怪しい展開続発。
そして真世界編の展開は鬼速いので注意。
ぼけっとしていると完璧に置いていかれます。

次々と降りかかる超展開に解決する謎、新たな謎。

ちょっと話のまとめ方が荒々しすぎたなぁ、残念。
根本的なシナリオはとても面白そうなだけに期待はずれ。



そして全ての謎が回収されると思ったらそういうわけでもないのね。
説明がないんじゃ理解しようにもできないですよ。
個人的に最後まで謎で嫌だったのが・・・
スフィア化現象とは結局なぜ起きる?
同じくタイム・クエイクはなぜ起きた?
十丸と梗香の持つ「遺伝不定因子」はどう世界に影響する?
ヴァレンティナは何がしたかった?
あたり。超ネタバレなので注意。

後半で結構重要そうにバンバンでてきた不定因子というファクターが最後まで大して生かされていなかったのも不思議。


まぁ何がダメかまとめるのは簡単。
ボリューム不足です。
撒き散らした伏線を全て回収してくれるなら、もう5~6時間くらいプレイ時間増えても文句言いません。

ボリューム不足が原因か、演出面で弱いところもちらほら。
演出自体はいいんだけど、すぐにそのシーンが終わってしまって悲しかった。



総評

75 / 100点

惜しいなぁ。
これだけ作りこまれた設定、上手く料理できれば神作品になれたのに。

だがしかし、次回作に期待するには十分な出来でした。
本当はもう少し高めでもよかったけど、次回はもっと面白いものをという期待をこめてー5点くらい。


ゲーム内最後の謎はわかるとスッキリ。
[ 2008/11/19 14:45 ] .エロゲー Volume7 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

あぐりゅー

Author:あぐりゅー
ゲームと
ガンダムと
エロゲがちょっと好き。
だいたいそんな感じ。



Twitter : AgRyu



コメントなどはご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック