どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とっぱら(穂波ルート&千鶴美ルート)

とっぱら~ざしきわらしのはなし~
田舎暮らしを夢見ながらまったりプレイ中。


次に2名は全ヒロイン中唯一の人間でる郷土史研究部部長・瑞原穂波&ご主人様に付きまとう記憶がぶっとんだアホの子・千鶴美。


妖怪とあれやこれやするゲームなのでか、穂波ルートの残念っぷりには涙が出た。

それに千鶴美も千鶴美で、こんなアホの子を攻略していいのかと・・・・。


※ネタバレ反転


<穂波ルート>
なんだこれ・・・・軽いバッドエンド・・・・?

とりあえず、シナリオの中身なんてないけどエッチだけは頑張ってみた。そんな印象ですね。
お互いが好きになる過程も0.
その後のストーリー展開も特になし、なんか進路の話しかしていない。

でもエッチだけは3回と意味のわからない奮闘っぷり。


最後には主人公の妖怪を見る「見鬼」の力がなくなるという、やってる側からしてみればなんとも後味の悪いエンド。
最初は人と幸せにくっついたから、幸子や美影さんが消えただけだと思っていたが、どうやら白沢商店が閉店したところを見るとそうでもなさそう。


所詮、君はおまけだったんだね。




<千鶴美ルート>
テーマはスバリ「恩返し」です。
シナリオは全体的に千鶴美のドタバタに巻き込まれながらも、彼女の正体を探る感じですね。


最後には彼女は実は過去に主人公が助けたツチノコという正体が明らかになり、そして恩返しを続けた結果、元に戻った千鶴美がもう一度人間の姿になれるまで主人公が飼うという、綺麗なまとめ方。


ちょっと〆方としては切ないかなって思っていたところに毎度おなじみミドリ様降臨、そしてハッピーエンドだ。



正直ツチノコ助けたことなんて簡単に忘れるなよと思ったけど、常時妖怪が見える圭治からしてみれば些細なことなのかも。




次は狐と河童、この2名でサブヒロイン終了。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。