どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とっぱら(藤花ルート&イソラルート)

とっぱら~ざしきわらしのはなし~
空いた時間にコソコソプレイ中。


次の2名は温泉好きで男性恐怖症な狐・藤花&主人公の幼馴染の河童・イソラ。

キャラの中で藤花が一番気に入っています。
狐っ子可愛いよ。
性格もいいよ、マジ可愛いよ。


イソラルートは正直意外な〆方だった。


※ネタバレ反転

<藤花ルート>
稲荷寿司の食べ方がイチイチいやらしい藤花。
まぁどのキャラにも言えることなのですが、尺は短めなのでやっぱりストーリー展開は駆け足気味。

それでも今までのどのキャラよりも二転三転あり、それなりにしっかりとシナリオはまとめられていて楽しめたルートでもあった。


神社の秘密はもちろん、最後は壊される危機にある藤花の本体・殺生石をどうにかして終わりだと思っていたが、まさかの磐長姫登場でしたからね。


でもやっぱり最後はミドリのミラクルパワーでめでたしめでたし。




<イソラルート>
まさかの両性キャラ、イソラ。
主人公にはびこる女性陣に誰よりも嫉妬しちゃってます。

本当はいい奴なんだよ。


シナリオはけっこう切ない感じ。
一番、主人公が独り立ちするルートでもありましたが、それゆえにラストは切なかった。

基本的に最後はミドリの力で解決のような流れなのだが、このルートでは主人公は東京の大学へ行き、自らの努力で河童の住める川を取り戻そうとします。

なので最後までイソラと再会する描写がなかった。
さらには美影や幸子とも離別します。
それがなんとも他のルートとギャップを感じ、余計に切なくなった。

きっとイソラも帰ってくるし、美影も、なんだかんだで幸子も家で待っていてくれているでしょう。



次は重要なポジション、幸子&暇があれば美影ルートもやっちまいましょう。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。