どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

とっぱら(幸子ルート&美影ルート+α)

とっぱら~ざしきわらしのはなし~
やっとの思いでオールクリア。


一部の人から「隠れた良作」と呼ばれる所以がわかりました。
最後の二人は突如五日市家に取り付いたわがまま女疫病神・幸子&突如五日市家に取り付いた影女・美影。


ちょっとこの二人のルートは感動色が他のルートに比べて強め。
まぁ主要ヒロインだもんね。


※ネタバレ反転

<幸子ルート>
疫病神と人間の恋。
人によっては主人公の身に起こった不幸を自分せいだと思った疫病神が自らの消滅をもって主人公を救うというありきたりな展開かもしれない。

しかし短いながらも良くまとめられた、とても良いシナリオだった。
幸子自体はあまり好きにはなれなかったけど、素直におもしろかったと思えた。

ラストには幸子はミドリの半身だというオチ。
う~ん、だから幸子はこんな大事なポジションにいたのか。



<美影ルート>
美影さん、かわゆす・・・・。
基本的には幸子ルートとあんまり変わらない気がする。
要するに主人公の幸せのために自らの命をかけてそれを実現させようとしてしまうお話。


でもそれは間違っている。主人公はしっかり成長してますね。
最初は両親の死すらミドリのせいにして妖怪を毛嫌いしていたクズ人間でしたが、この2つのルートでは特に大切な何かを見つけてくれます。

でも幸子よりも展開が急だったかな。


最後に全ヒロインをクリアするといけるミドリルートもあっさりクリア。
だって美影ルートの最後がちょっと変わっているだけだったんだもん。

しかし、この3ルートやって思うのは、やはりこの「とっぱら」というタイトルは秀逸だ。
まさしく「めでたしめでたし」というシメの言葉がひじょうに似合う。




次回、「とっぱら~ざしきわらしのはなし~」総評。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL