どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

星空のメモリア(明日歩ルート)

星空のメモリア
普通に楽しく攻略中。


三人目は元気いっぱいな天体バカ・南星明日歩。

フラグなんていらないぜ、だって主人公は明日歩の初恋の相手だし、共通ルートでそんなことはもうビンビンだったじゃないか。

明らかになるのは、「彼女」の名前。


※ネタバレ反転


まぁそんなわけで明日歩が最後の一歩を踏みしめたとき、二人は付き合うことになるんですけどね。


しかしこのルートで重要になってくるのが「展望台の彼女」
共通ルートの半ばあたりからあまりその存在がゲーム内でも希薄になっていた彼女だが、このルートは彼女なくして始まらない。

明日歩は子供のころに主人公が展望台の彼女に会いたがっていることを知っていた。
そこからこのルートのシナリオは始まります。
明日歩は主人公の中で展望台の彼女が特別な存在であるという考えから、途中で主人公と距離をとろうとする。



しかし主人公が展望台の彼女の存在を乗り越えたとき、晴れて二人は本当に結ばれました。




ってここで終わりじゃない!
ここまでにも明日歩の右耳が機能していないこと明日歩とマスターとの確執などが残っている。
正直明日歩の右耳が難聴であることはそんな大それたことでなかく、本当に些細なきっかけだった。
だがそれによって明日歩は事故にあい、マスターは自責の念にかられて天文学者をやめてしまう。

そんなマスターを許し、すれ違いを解決してめでたしめでたし。


このゲームは〆がスッキリしていて後味がよろしいのもいいね。


それにしても、明日歩が常に右隣にいるのはもちろんだけど、まさか雨の予知能力や会話のときに顔を近づける仕草までが難聴への伏線だったとはな・・・。




お次はさらに上のバカを行く核弾頭妹。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL