どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナツユメナギサ プレイ開始

さて、「終わりなき夏 永遠なる音律」もクリアしたことだし、個人的期待の新作でもやろう。


7月購入分の2本目はSaga planetsの「ナツユメナギサ」。
前作「Coming×Humming!!」がそこそこ面白い出来だったので、今作には期待してます。

ただの萌えゲーで終わらず、しっかり心に残るシナリオを用意してくれるブランドだと信じています。前作の美海ルートばりのものを今回もお願いしますよ。


で、プロローグが終わったのですが、これは想像以上に良ゲーの予感・・・。


まずはキャラ、雰囲気共に最高ですね。

常夏の臨海副都心が舞台なのだが、野良ペンギンはうろつくわ妖精は飛んでるわで無茶苦茶だが、それがいい。


前作はかなりキャラにばらつきがあったが、今回はどれも素敵で最高ですね~。


でもなんでしょうね、プロローグをやっただけなのに、すごい危うさを感じずにはいられない。
とにかくシナオリがなんだか儚げな方向に行きそうな予感。

伏線が大量に散りばめられ、ひじょうに先が気になる展開。

記憶喪失の主人公、野良ペンギン、妖精、謎の少女、迷いの森、教会、サナトリム、海にそびえる大樹など盛りだくさん。



つーかプロローグ終わってもメインヒロインの歩がいまだ登場せず・・・。
おそらく主人公に人探しを依頼したのは歩なんだろうけど、なにか彼女は失われた主人公の記憶に関してとんでもない秘密を知ってそうだ。


夢の中の4人組。
どう考えても音々=羊、まさき=真樹にしか見えない。

そもそもあの4人組は何?
主人公の過去だろうか。

う~ん、やはり歩が出てこないことには謎は解けないな・・・。


一筋縄ではいかなそうなシナリオ、これは期待できる!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。