どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナツユメナギサ(羊ルート)

ナツユメナギサ
バリバリっと攻略中。


3人目は猫を連れる暴走特急・美浜羊。


私は、貝になりたい・・・。

個別内でここまでガラッと雰囲気変わるシナリオもすごいな。


※ネタバレ反転


しょっぱなから主人公への高感度マックスな羊。
何かにかけて主人公へラブラブアタックをしかける。

羊と毎日にゃーにゃー騒いでるうちに、羊がいる楽しい日常が当たり前になってきた主人公は羊に想いに応えてめでたく結ばれる二人。



ここからはもうスーパーニヤニヤタイム。
二人のラブラブイチャイチャっぷりはもうすさまじいの一言。
ゆーみん先輩が撃沈するくらいのラブラブっぷりを街中に見せ付ける二人。


が、クリスマスイブから物語は急展開。
なんと羊がいなくなってしまう。

にゃーにゃー騒いでるくせに何かとその素性は謎に包まれてた羊。
正直俺はプロローグで助けた猫が羊か?とも思ったが、それは杞憂。

しかし羊の過去も想像以上に重かった、こちらもかなりシリアス色強めなシナリオ。
なにしろ羊は生きながらにして2度死んでいるのだから。


だが主人公はそこで折れない。
王子様はシンデレラを迎えにいってあげなくては。



ぶっちゃけ感動した、普通に良いシナリオだ。
羊の壮絶な過去、そして主人公と出会うまでの過程、羊を救済する主人公。
どれも良く練られ、見せ所では主人公が輝き、見事に感動的なエンディングを迎える。


そうか、プロローグで轢かれた猫があそこまで外野に邪険にされるにはそんな意味があったのね・・・。


でも最後に亡くなってしまうはるかルートよりは綺麗なエンディングでほっとした。



こいつぁ想像の遥か上をいく良ゲーじゃないか・・・。


次はオッドアイのあいつ。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。