どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナツユメナギサ(歩ルート)

ナツユメナギサ
フルコンプ完了。


最後はメインヒロインにして全ての元凶・七瀬歩。

元凶って書くと悪者みたいだなwww

つーか、あれだよ、神ゲーだよ、これ。


※ネタバレ反転


歩シナリオは完全に他とは独立したシナリオとなっている。
全ての始まりである渚と歩の物語、このシナリオで作中の全ての謎が明らかになる。


真実は・・・あまりに過酷。
欝ゲーだという評価が飛び交うのも頷ける。
だが俺は決して欝ゲーとは思わない。最後に彼女は救われたじゃないか。


そう、全ては歩の不思議な力によって生み出された夢物語だったのだ。
真実は渚は歩と付き合い、船の事故によって死去してしまっていたのだ。


これは欝展開・・・。
そしてここからナツユメナギサの壮大な純愛物語が始まるのだ。


本気で最後は感動した。
ナツユメナギサ・・・・このタイトルがすべてを物語っていたのか・・・秀逸なタイトルだ。


にしても惜しいのはやはり設定上歩と他ヒロインとの絡みが0であることかなぁ・・・。


最後、夢の世界から解き放たれた歩は時を司る大樹(現実世界の大樹に不思議な力はおそらくないと思うが)に何を願ったのか・・・。


明るい世界観とキャラとは打って変わって、どこまでもセンチメンタルで儚い物語でした。


う~ん、一応次はナツユメナギサの総評を書くけど、考察したいこともいっぱいあるんだよな。
別記事で書いてみようかな・・・?
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。