どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

ナツユメナギサ レビュー

ナツユメナギサ
感想およびレビュー


君がいた夏、君がいない夏、君がいる夏。
終わらない夏の儚き夢物語。

すさまじいダークホース、まさかここまでの素晴らしい出来だとは思わなかった。
紛れもなく今年の中でもトップクラスの良ゲーでした。

「人」の「夢」は「儚」い・・・。

※ネタバレ反転


<システム>
基本的なシステムは一通り揃っていて、プレイしていて特に不快に思うことはなかった。

プロローグ終わった後からマップ選択式で狙ったヒロインを選び続けるので、半ば個別に入っていると言っても過言ではない。

上記のシステム上、みんなでワイワイする日常シーンがプロローグだけになってしまったのがもったいない。


<キャラ>
前作のカミハミ同様、はずれなしの素晴らしい布陣。
サブ含めて魅力的なキャラばかりです。

中でも羊はいいキャラしてるわ。

なんでゆーみん先輩攻略できないの?
きっとサナトリウムにはいない架空の人物なんだろうな。


<グラフィック>
前作は原画によってキャラのCGにかなりバラつきが見られたが、今回は複数原画にも関わらずけっこう安定している。

立ち絵がたまに残念に思ったのは秘密。


<サウンド・ボイス>
声優陣に関しては文句なし。
羊がエロすぎると思ったのは俺だけじゃないはず。


BGMに関しては「君がいる夏」がぶっちぎりの神曲。
常夏の島という明るい舞台でありながら切なげな曲が多めであり、それが見事にこの青く儚き世界にはまっている。

歌のほうはED「夏風の一秒」が素晴らしい。
OP、真EDの方もテンポの良い明るめの楽曲で普通に良曲である。
真EDはあえて明るい曲できましたね。
まぁ歩の明るい未来を願わずにはいられませんからね。


<エッチ>
一人3,4回といったところ。
夏が舞台だからか、水着多かった気がする。

うん、まぁ、イチャラブに関しては前作の時点でやばいと思ってたから、今回も相変わらずイチャイチャしまくりですよ、はい。


<シナリオ>
秀逸、その一言に尽きる。
単純なシナリオだけの評価であれば歴代No1です、素晴らしい。

適度に張り巡らされた伏線。
キャラ毎に次々と明らかになる真実、そして最後に待ち受ける「ナツユメ」・・・。

「ナツユメナギサ」というタイトルが全てを物語っています。

当然主人公が歩を置いてすでに死んでいるという設定はそこら中で「欝だ」と言われてますね。
しかし真の欝には救いがない。が、これは違う。
しっかりと渚のいない世界で歩は生き続ける決意をする。


ルートによってはかなり残酷な運命が待ち受けています。
ただのキャラ萌えゲーだと思ってやると、確実に痛い目にあいますからご注意。

言ってしまえば壮大な夢オチだな。


総評

95/100点


このブランド、ここまでの神ゲーを作れるようになったか。
複数ライターは発売前は不安でしたが、なぜかシナリオにほっとんど破綻は見られず、綺麗にまとまっている。

何度も言うように、「てとてトライオン!」のような常夏の島を舞台にした明るいドタバタ劇ではない。

ゲーム全体を通して終わらない夏の儚く、切ない雰囲気が出ている。
特にヒロインが子供を産んで死亡するはるかルートは感動した。最後の幻想的な雰囲気がどうしよもないほど切なかった。


正直このゲームに関して語りたいことは山ほどあるので、特別に考察編を後日書きます。


いや、本当に素晴らしい作品。
願わくば、彼女たちに輝く未来を。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL