どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏ノ雨(理香子ルート)

夏ノ雨
細々と攻略中。


最後は異母姉弟のメインヒロイン・瀬川理香子。

さすがメインヒロインか、シナリオは全ルートの中でも頭一つ抜けて良い出来だった。
異母姉弟という設定に重点を置くかと思ったが、どちらかといえば家族の物語でした。

※ネタバレ反転


瀬川理香子は主人公たちと父親が同じな異母姉弟。

共通ルートでは誰も近づけさせない雰囲気を漂わせる理香子が主人公に心を開くまでが描かれている。

父親を取られてしまった主人公と、全てを失い天涯孤独になった上に不倫相手の子という自分の存在自体を嫌う理香子の心情が丁寧に描かれていて好印象だった。



個別に入ってからは家族の物語が中心に。
主人公・宗介と理香子はもちろん、宗介の母親・夏子や実の妹・朋実、桜井家に関わる4人全員がこの複雑な家族の物語に立ち向かう。


この個別前半ではどちらかと言えば朋実と理香子の関係の修復に重点が置かれているような。
それでいてきっちり理香子という物語の軸がぶれていなくてよかった。



後半では今度は大切なものを失うことを恐れる理香子の物語。
理香子を母親にかけられた呪いから救ってやるのだ。
こちらは前半と違って宗介の母親・夏子が深く関わる。


そうして個別全体を通して世間から取り残された理香子を救済しつつ、複雑な宿命を背負った家族の物語が描かれている。
異母姉弟って設定は思ったよりも前面に押しだされていなかった。




にしても、サブキャラがいい仕事しまくりなシナリオでした。
桜井家の二人はもちろん、どのルートいったって最高な翠と一志もいるし、理香子の旧友である香奈も良い仕事をする。



確かに全体を通し王道すぎてインパクトが足りない印象はあるが、シナリオがぶれずに最後の最後まで破綻や無茶のない丁寧な作りが個人的には好印象だった。



次回、「夏ノ雨」総評
[ 2009/10/12 15:21 ] .エロゲー 夏ノ雨 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。