どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ましろ色シンフォニー(愛理ルート)

ましろ色シンフォニー
ちょっと急ぎ足になったけど、フルコンプ。


最後はツンデレ生真面目世話焼きっ子・瀬名愛理。


青丘の伊織、あか坂の優姫と、なんかつばす氏のメインヒロインはキャラがかぶってるような気がする・・・。

でもアンジェに負けず劣らずな脳みそドロドロ展開だったよ。

※ネタバレ反転


生真面目で責任感の強い愛理は主人公のハイスペックな優しさに触れ始めたときから、面白いようにどんどん主人公に溺れていっちゃうんだよね。


このルートでのポイントとなるのは愛理とその母・蘭華との関係の修復である。
そのために今回は学園統合廃止の危機というものを上手く使ってきましたね。

ただ前のアンジェルート同様、シナリオよりも二人のバカップル・イチャイチャっぷりのほうが印象に残ってしまうくらいのニヤニヤルートでした。


もう主人公にどんどん溺れていく愛理の様子が外野から見てて面白すぎるし、ニヤニヤが止まらない。



あとはまぁ、この作品の例に漏れずに最後まで二人だけの世界でなく、サブキャラも含めた「みんな」でハッピーエンドへ向かう展開。
この雰囲気の良さこそがこの作品最大の長所と言えると思いますね。



でもこうして各ルート感想書いてると・・・やっぱどのルートもちょっぴりシナリオで損してるかな?
悪くないんだけど、印象に残りづらいんだよなぁ。あまりに「心情」を描いた物語になりすぎて。
そこらへんをもっと「行動」で表現できたらメリハリもついてもっと面白かったと思うなぁ。
まぁその辺の話は次回の感想およびレビューで。


とにかくヒロインがどいつもこいつもぱねぇんだ。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。