どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

水平線まで何マイル?(麻里矢ルート)

新ブランド「ABHAR」の処女作「水平線まで何マイル?」をプレイ中です。
で、1ルートクリアしたので、その感想でも。

最初に攻略したのは航空部の部長・花見麻里矢。
「まりや」じゃなくて「マーリャ」ですって。



航空部は主人公の所属する宇宙科学部と大会への出場権をかけたライバルでしたが、ひょんなことから部長さんも宇宙科学部の手助けをすることに。


いやぁ、それにしても絵が本当に綺麗ですね。
まぎれもなくこのゲーム一番の売りでしょうからね。

※ネタバレ反転


う~~~~~ん??
結論から言って、何もなかったです。

エンドロール始まったときはびびった。
内容薄すぎ・・・・。


まだ他のルートをやってないのでよくわかりませんが、たぶん他のルートではマーリャは宇宙科学部の仲間にならない展開なのかな?


それにしても、まさか大会があんなにあっさり終わってしまうとは・・・・。

そして嫌な予感は的中、ほとんど付き合いだして終わりって感じです。


う~~ん、やっぱりもっとボリューム欲しかったな、あまりに何もなさすぎるぞ。


おまけにさらっと1年後になった時は絶望した。
そりゃ、そこを頑張れよって思いますよ!



主人公、マーリャの成長が見れそうなシナリオ全体の雰囲気はよかったのに、それを生かせないまま終わりました。



くっ、次は委員長でリベンジだ!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。