どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

ファイナルファンタジー13・第2回

ファイナルファンタジー13・プレイ日記第2回。


正直そこら中で批判されているほどつまらなくないです。

まぁ・・・一本道なのは否めないけど・・・。


少なくとも戦闘は面白い、本当に油断できない。
○連打で終わるとか言ってる人は何も考えないで戦闘してるか、よほど弱い敵とやってるかじゃないか?


ネタバレ全開注意!!



とりあえず物語は
・ライトニング、ホープ
・サッズ、ヴァニラ

の2チームに別れて進んでます。

捕まったスノウはほとんど出てこない。
ルシ狩りに利用されているってことは、いつか戦うのか?


とりあえずオーディンが強かった!
攻撃力もバカ高いし、でも召喚獣バトルは時間制限あるから回復しつつきちんと攻撃していかないと時間切れで負けるし。

今のところ一番の強敵だったかもしれない、ガチンコで強かった。




あとは森の奥にいたフシギダネみたいなロボが強かった。
つーか完全に俺のオプティマ選択ミス。
アタッカー・ヒーラーを間違えてブレイバー・ヒーラーでいってしまったのね。

正直ボスクラスはブレイクできないと全然HP減らせないから、回復中もチェインゲージが減りにくいように常にアタッカーが置いておいたほうがいいですね。

そのせいで全然ブレイクできずに長期戦で苦戦したぜ。



サッズ・ヴァニラ組はまぁ今のところ順調?
先のボス戦でオプティマのバランスのいい組み方を学習したのでけっこうサクサクいってるほうかな。

教訓、チェインゲージは増やすよりも減らないようにすることが重要。
増やすのはHPに余裕があるときに隙を見てブレイバーを投入してやればいい、それまではアタッカーがきちんとゲージを保持してやらないと全然ブレイクできないのね~。



今のところ召喚獣は2体、次に召喚獣を手にするのは誰だ?



雨に濡れたヴァニラの「だってバカだもん」ってセリフはすごい感動した。

彼女はほぼ間違いなくパルス出身だろうな。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL