どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

ファイナルファンタジー13・第6回

ファイナルファンタジー13・プレイ日記第6回


第6回にしてはやくも第1部・完です。
全クリしました。

1周目はとりあえずこれでお終いにして、2周目およびやりこみプレイはアルティマニア購入後にします。



いや、久しぶりに骨のあるラスボスだったぜ。

ネタバレ全開注意





で、グラン=パルスで適当に遊んで、ほどほどに強くなってきた気がするのでオーファンズ・クレイドルに突入。


あべべ、普通にザコ敵強いです。別に今に始まったことじゃないけど。

FF13のサハギン種は本当に怖い。



で、なんか所々にボスがいた気がする。
いや、どれも中ボスクラスの強さでそんな苦戦することはなかったけど、最終防衛ラインで普通にザコ敵としてうろついてた時はどうしてやろうかと。


いや、地味に経験値高いから良い合宿所なのか?



で、ラスボス。
パーティーは相変わらずの安定性抜群・スノウ・ホープ・ヴァニラで。




いや、強かった!
なんか心無い天使的な技で全員瀕死になるのが怖すぎる、ヒーラー二人は必須か?
あと地味にステータス異常もやばい、ここにきてデスペガが輝いた。
だって毒+瀕死技もらったらリーダー死亡確定なんだぜ、まさにデスコンwww


HPが340万くらいあったけど、こちらの与えるダメージも大きいからそんなに長期戦にはならないけど。
まぁ後半に瀕死技繰り出されると緊張感がドッと高まる、ここで全滅したら泣ける的な意味で。


残りHP2万で使ってきた時はすっごい汗かいたよ・・・・。



で、第2形態。
こいつは死の宣告による時間制限あり。
ここでAIがバカな行動したせいでリーダー死にかけた。

なぜリーダーよりも自分を回復するwwwリーダー死んだらお終いだぞ、バカヤロウwww


HPは330万くらいあるけど、ブレイクしやすいのと全体的に防御力低いおかげでけっこうあっさり決着。
ここで死んだら第1形態からやり直しなのかな・・・・絶対嫌だ・・・。




そしてエンディング。

さすがに1周目だから色々???な部分もあったけど、とりあえずは大団円。
ヴァニラとファングは結局コクーンを救うためにクリスタル化しちゃったけど、クリスタル化=死ってわけじゃないからな。
むしろ二人が望んだ結果なのかもね。

とにかく主要キャラ全員、人が一人で背負うには重過ぎる宿命を抱えてるせいでいつ崩れてしまうのかとヒヤヒヤでしたよ。
ファングやヴァニラなんかは特にね。


ストーリーはなかなか良かったと思う。



ひとつ気になったのが、結局物語はコクーンとその下に広がるグラン=パルスで繰り広げられたけど、この星には他にも人が住んでいる場所はないのかな。

FF10あたりから明示的に「世界を救う」って感じじゃないよね、提示されたフィールドが世界のすべてだと一言も言ってないからさ。
スピラにしろイヴァリースにしろ、それは世界の一部かもしれない。今回もそうかもしれないし。


あ~早くアルティマニアでそこらへんの裏設定も知りたいなぁ。


なんか色んな人がギャーギャー騒いでいるけど、自分としては時間を忘れて楽しめました。



最後に一つ、小言を。

ゲームタイトルのBGMを入れないってのは、製作者側としてはどういう気持ちなんだろうね。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL