どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

機動戦士ガンダムUC 第1話

機動戦士ガンダムUC
第1話 「ユニコーンの日」


新たなる宇宙世紀、新たなるガンダムサーガ、開幕。


復活記念に満を持してアニメ化されたガンダムUCの感想書くよ!
書かせてよ!



主人公、バナージ・リンクスはアナハイム高専の学生。
日常にどこかズレを感じて生活しているなんとも宇宙世紀の主人公らしい少年。


そして彼の住む未だ建造中のコロニー、メガラニカに接近する一つの偽造貨物船。
袖付きと呼ばれるネオジオン軍残党の戦艦・ガランシェールであった。



そのガランシェールから逃げ出す一人の少女。


メガラニカへの潜入に成功したガランシェールからの逃走に成功した彼女だが、不慮の事故で重力区画に突入、そのままとんでもない高さから落下し始めてしまう。

しかしそれを偶然発見したバナージはプチモビで少女を救出する。

少女の名はオードリー・バーン、どうやらメガラニカを仕切るビスト財団の頭首に会いたいらしい。
戦争を止めるために・・・。
バナージは彼女をビスト財団の屋敷があるコロニービルダーまで案内することにした。



オードリーの逃走に気がついたネオジオン軍もすぐにクシャトリヤのパイロット、マリーダ達を捜索に向かわせる。
途中でマリーダ達に出くわしたバナージ達であったが、なんとか追手を振り切ることに成功、二人はビスト財団の屋敷へと到着した。


一方、オードリー奪還に失敗したマリーダたち。
ガランシェールの艦長、ジンネマンの目的もまた、ビスト財団現当主カーディアス・ビストに会うことだった。

その目的は「ラプラスの箱」の受け渡し。
それは宇宙世紀元年より封印され続けてる、現連邦政権を一撃で瓦解させるほどの影響力を持つものであった。
ネオジオンはそれを手にすることでジオン軍の再興を果たそうとしていたのだ。



ジンネマンたちよりも先にカーディアスと会うことに成功したバナージであったが、カーディアスはもとより、オードリーにまでこれ以上関わらないで欲しいと突き放されてしまう。
オードリーと出会ったことで日常のズレが消え、彼女に必要とされたいと思っていたバナージは傷心で館を後にする。



一方、メガラニカにはネオジオン軍の他にロンドベルを中心とする連邦軍までもが集結しつつあった。
ラプラスの箱がネオジオン軍の手に落ちるのを阻止するため、コロニー内であろうが構わず戦闘をふっかける連邦軍。

ネオジオン軍はマリーダのクシャトリヤが獅子奮迅の働きで次々と連邦軍のMSを無力化していく。



そしてカーディアスとの面会に望むジンネマンたち。
渡されるのはラプラスの箱そのものではなく、それに通じるための鍵だという。
はたして彼らがラプラスの箱を手にするのに相応しい者か・・・カーディアスは試そうとしていたのだ。

しかしコロニー内で戦闘が開始されてしまったために交渉は決裂、双方コロニーからの脱出を図る。
オードリーもまた、この混乱に乗じて館から脱出するのであった。


一方、高専の友人であるミコットたちと合流したバナージであったが、コロニー内での戦闘に巻き込まれ、目の前で次々と友人が煙のように消えていく様を目にしていった。



そしてバナージはオードリー救出のために単身、再びコロニービルダーへと向かう。

その道中で迷い込んだMSデッキ、そこには純白のMSが立っていた。
そのコックピットのなかには脱出時に銃撃を受けて重傷を負ったカーディアスがいた。

バナージに対して特別な感情を抱くカーディアス、彼はバナージにオードリーの宿命を共に背負う覚悟があるかを問う。
バナージは純粋に彼女に必要とされたい、その純粋な思いでここまで来たと。

バナージの覚悟を聞いたカーディアスは白いMS、ユニコーンガンダムを息子であるバナージに託し、炎の中に消えていった。



次の瞬間、ユニコーンガンダムはクシャトリヤに補足されるが、その化物じみた加速力とパワーでクシャトリヤをコロニーの外へ押し出してしまう。
その圧倒的な力にマリーダはファンネルで応戦しようとするが、その時、ユニコーンガンダムは淡いピンク色の輝きを放ち、NT-Dモードを発動させる。


全ての装甲が解き放たれ、サイコフレームをむき出しにしたその姿はまさに「ガンダム」そのものであった・・・・。








すっげぇ面白い!
このクオリティ、半端じゃないです。
原作2巻分を1時間という尺に収めるということで非常に駆け足な展開であったが、まぁ大事な要点はしっかりおさえてあり、ストーリーには今のところ特に支障はなしといった感じでしょうか。


とにかく前半のクシャトリヤ無双もすごかったが、ラスト数分で全てを持っていくユニコーンガンダムがかっこよすぎて鳥肌止まらんし。
煙塵の中から飛び出すユニコーンガンダムがかっこよすぎて死ぬ。

うおおおお二巻はまだか!!!!!!!!!

二巻にはリディやフロンタルといった重要人物もガツガツ出てきて、これまた熱い展開になるはず!
ってゆーかいきなりクシャトリヤとの戦闘じゃん!やばい!

戦闘シーンに関しては逆シャアクラスに満足してます。


これこそガンダムだよね、宇宙世紀最高だよ!

[ 2010/03/22 15:20 ] アニメ | TB(0) | CM(2)
はじめまして
確かに戦闘の描写はすごかったですね、HD画質の宇宙世紀…早くもダカール戦が楽しみで仕方がない!
[ 2010/03/27 00:51 ] [ 編集 ]
>名無しの兄貴さん

コメントありがとうございます。
戦闘はやはり小説では表現しきれない、アニメならではの迫力が最高でしたね。

やはり尺の関係上、ストーリーも原作完全準拠になるかは微妙らしいですが、それでもダカール戦だけはかなり力を入れて欲しいですね!
[ 2010/03/27 13:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL