どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

airy[F]airy サラルート

airy[F]airy
予想以上の早さでコンプリート。


最後は命の恩人であり、昔馴染であるサラ・デュラン。


立ち位置がコレットとあまり変わらないので、フラグ成立までの過程はもはやお約束かな。
なぜ彼女にルートロックをかけたのかがイマイチ謎だ。

※ネタバレ反転


サラルートの物語は大きく二つに分かれる。

前半のモナ・ヴァネッサとの確執の解決と、後半の水曜の門番として戦うことになったサラの物語である。


フラグ成立までの過程はまぁありがちな昔なじみな展開。
お互い素直な気持ち伝えきれないでモヤモヤする様はどこかコレットルートとかぶるが、どちらかと言えばこちらの方が描写は丁寧で二人の様子が微笑ましかったかな。


しかし上記のような二つのいわゆる山場が設けられているわけだが、案の定深くえぐるような真似はせず、これまた表面だけをさらっと撫でる感じであっさり解決してしまうわけで。

ましてや後半の門番の戦いはカードバトルのルールをイマイチ把握できてなかったため、ほっとんどセリフを流してしまったのも事実。




結局のとこ、どのルート行ってもEDが始まった瞬間に「えっ、もう!?」って気持ちにはなるわな・・・。



正直なとこ、素晴らしい点も多々あるが、厳しい評価にならざるを得ない結末でした。



次回、エアフェア総評。
[ 2010/03/29 14:41 ] .エロゲー airy[F]airy | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。