どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

水平線まで何マイル?(朋夏ルート)

さぁ様々な評価が飛び交う「水平線まで何マイル?」
オールクリアしました~。

最後は元気印の体育会系幼馴染・宮前朋夏。


こいつを最後に取っておいた俺の決断は大正解だった・・・・。


正直、感動しました。
このルートだけ頭一つ抜けてたなぁ。



朋夏はどのヒロインよりも大きな壁にぶち当たってしまいます。

そして主人公の鈍感っぷりが限界突破してしまいます。
朋夏は誰よりも主人公のために頑張っていたのに、主人公はなかなかそれに気がつかない。

だからこそ、彼女は大きな壁にぶつかってしまう。
しかし主人公がそれに気がつき、自分と朋夏は二人でひとつなのだろ悟った時、二人はやっと大空へ飛び立てることができるのだ。




「大会の描写が薄い」なんてよく言われてますが、このルートではさすがにヒロインがパイロットでもあるし、ちゃんと大会の描写はしっかりされてます。

むしろけっこう感動しました。

やればできるじゃないか~。


ちょっと主人公のかっこ悪さが他ルートに比べて5割増しなのが残念。
教官の説教受けすぎ。




正直、他ルートではどう考えてもシナリオ、演出に物足りなさを感じましたが、このルートに関しては十合格点だと思います。



次回は総評です。
えらい色んなこと言われてるので、いつもよりいっぱい書きたいと思います。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。