どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

タユタマ レビュー

タユタマ
感想及びレビュー



タユタマが意外にあっさりと終わってしまったので感想記事。
最初は全ルートやる予定じゃなかったのに、勧められるままに気がついたら全部やってましたwww


物語の構成上、2ルート目からの内容の薄さが目立ってしまってなんとも言えない作品になってしまった。


※ネタバレ反転


<システム>
システム面では特にこれといった不満はなかったかな。
セーブ、ロードが少しやりにくい印象があった、いちいちLoadって文字をクリックしないといけないのがね。


あと、本当にどうでもいいけど、コンフィング開くときの「カシャッ」って音が好きで無意味に閉じたり開いたりしてたのは内緒だ。



<キャラ>
それぞれのキャラはきちんと立っていたのだが、いかんせん自身の個別ルートでなければ空気とかしてしまうのが惜しい。

特に美冬とゆみなは鵺及び鳳凰との戦いくらいでしか登場シーンが・・・。

どこでも目立っていたのはましろとアメリなのだが、アメリは目立っていた割には個別ルートが一番ガッカリだったのだがwww


というか全体的にキャラが少なめだからなぁ・・・シナリオも薄めだし。

アメリがダメリ?僕はそんなふうには思えませんでしたがねぇ。
いや・・・まぁ嫌われがちなトラブルメーカーポジションだし、応龍に手を貸した一件もあったけどさぁ・・・。あの程度じゃとても嫌いにはなれんなぁ。


それよりも終わってるのは主人公のほうだろ。

この主人公は歴代最低クラスでした、はい。小学生クラスの精神年齢で終わってます。



<グラフィック>
まぁなかなかに綺麗で満足です。
少し枚数が少ないかなって感じたけど、作品のボリュームを考えるとまだ妥当な方か。

ただ、ものすごく個人的な趣味としてエロシーンのCGが微妙なのばっかりだったお・・・。


<サウンド・ボイス>
ゆみなうるせぇ!
あ、ごめんなさい、取り乱してしまいました。

声優陣に関しては文句ないです。ましろがチビだったり大人だったり、声優さんも頑張っております。
あー全く前情報なしで始めたので親父の声は不意打ち食らって爆笑してました。


サウンドに関しては日常シーンでのBGMがけっこうマッチしててよかった。
たまにBGMにしてゲーム進めてなかったのは秘密!


ボーカル曲に関してはEDがよかったなぁ。
特にましろルートではエピローグの情景に合いすぎて。


<エッチ>
一人三回だったかな?
ここに関しては可もなく不可もなくって感じで、無難な印象。

あーゆみなの多重影分身はなんだったんだろう。



<シナリオ>
うーん、ましろルート以外は評価するに値しない、なんでもない感じでガッカリだったな。
おまけに3強との戦いを個別ルートで順番入れ替えつつ組み込んだせいでこれまた個別シナリオの印象ががくっと薄くなってしまってた。

この構成は失敗と言わざるを得ないかなぁ、だって2周目からは華麗にスキップでしょ?

ましろルートだけはかなり優遇されていたし、タユタマの本筋でもあるタユタイと人との物語ということでエンディングもとても綺麗だった。

あまり人とタユタイの共存的な部分を描かなかったのは意外だったが。



総評

65/100 点



正直そこまで面白くなかったかなぁ。
可愛いキャラもいたけど、このゲームそのものを愛せるほどのものでもなかったし、何より内容が薄くて何も印象に残らなかったのが痛い。

あとはやっぱり主人公のダメっぷりがやっててイライラ。

主人公のダメタイプもいろんなベクトルがあるけど、一番嫌いな精神年齢ガキンチョタイプだったのがなぁ・・・。



次は素晴らしき日々やります。
あんまりこういった電波系はやらないけど、まぁ苦手ではないしちょっと頑張ってみます。
[ 2010/07/03 16:36 ] .エロゲー タユタマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL