どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

てとてトライオン!(鈴姫ルート)

9月一番の注目作であり、唯一の購入予定だった「Volume7」が10月に延期になった。
じゃあ「さかあがりハリケーン」でも代わりにやろうと思ったら、こっちは11月に延期になっちょる。

あれ、9月買うものなくなった。


そんな感じですが、「てとてトライオン!」ガリガリプレイ中。

最初にクリアしたのは怒れるパワフル下級生・胡桃沢鈴姫。


通常→主人公に惚れる→付き合うの3段階で変化する面白いキャラでした。
主人公に惚れてる時期の鈴姫はニヤニヤが止まらない。




恋愛ド素人が起こすドタバタ劇、そんな感じです。

とにかく鈴姫が生真面目ツンツン娘なもので・・・。
だけどそれがいい!!



まぁシナリオとしては何の変哲もない感じだったんですが、このゲームは「青空の見える丘」のようにシナリオより主人公を取り巻く世界を楽しむゲームなんですね。


とにかく皆さん(全校生徒)ノリノリ、もはやアホの集団か!


でもとっても楽しそう。画面の向こうから楽しさがガンガン伝わってくる。


そんな奴らと一緒に鈴姫と主人公のアレコレを見守る感じが楽しかった。




予想以上に高評価になりそうなゲームです。

早く手鞠を攻略したいところだけど、そこはグッとこらえて次は会長さんいくよ。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。