どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

素晴らしき日々 Jabberwocky

素晴らしき日々
第4章「Jabberwocky」感想。


今回の主人公は悠木皆守。
第3章は悠木自身はもちろん、間宮卓司の存在が非常に重要。


というか序盤からめっちゃ種明かししてきたなww


※ネタバレ注意!



前章でまるで3人いるかのような振る舞いをしていた間宮卓司。
それはそうで、やはり間宮卓司の中には複数の人格が存在していた。それの一つが皆守であった。


つまりは第4章で出てきた3人の間宮。
引っ込み思案でいじめられっ子、最後に救世主として覚醒したのが間宮卓司、そして常に冷静沈着、荒事に異常に強い不良グループの頂点の立つのが皆守、そして屋上で本を読むことを趣味とする、誰でも優しい間宮の中の理想の姿が水上由岐であった。


なるほど、そこで全て合点がいきますね。結局ざくろがデートしてた相手は由岐であり、間宮であったわけで。これで第1章の辻褄も合いますね。


(正直話長くて序盤の方けっこう忘れかけてる感じだけど)



そして間宮編終盤でたまに出てきた空白の人物、間宮自身がその存在を否定し続ける者。それが妹である羽咲であったということね。

でも主人格である間宮じゃなくて別人格である皆守を選ぶとか、妹さんもなかなかにえげつないことしてますなぁwww



あぁ、あとは若槻姉妹のからくりも解けましたね。というか実在しないと来ましたか。
姉の鏡の正体が成長しないぬいぐるみならば、第1章終盤で鏡がぬいぐるみに摩り替わったことも説明がつきますね。


まぁ間宮がぶっ壊れる過程や終ノ空の話なんかは全部どスルーな感じで、とにかく間宮卓司という男の正体をひたすら探りにいく感じでしたか。


すべての始まりはもっと前、間宮卓司の過去に遡る必要があるわけですか・・・。


次の章の主人公が羽咲らしいので、まだまだ間宮卓司の秘密編は続きそうですね。



ざくろの出番はもうないのかな、彼女は結局引き金としての役割が大きかったのか?
第1章の銀河鉄道ENDは未だに理解できないんだけどな。いや、なんとなくぼや~っとは答えが出てるんだけど、自信ないかな。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

あぐりゅー

Author:あぐりゅー
ゲームと
ガンダムと
エロゲがちょっと好き。
だいたいそんな感じ。



Twitter : AgRyu



コメントなどはご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック