どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムUC 第二話

機動戦士ガンダムUC
第二話 「赤い彗星」


新たなるガンダムサーガ、第二章。

今回は本作最大の敵である赤い彗星の再来、フル・フロンタルがシナンジュに乗って登場。
前回はクシャトリヤ無双だったが、今回もユニコーンとシナンジュという二大巨頭が大暴れ!



NT-Dが発動し、ガンダムとしての姿を表したユニコーンガンダム。
マリーダもクシャトリヤで応戦するが、圧倒的スピードでクシャトリヤを圧倒するユニコーンガンダム。最終的にはジンネマンからの撤退命令に従い、ガランシェールと共に撤退するマリーダ。


元の姿に戻ったユニコーンガンダムはバナージごとネェル・アーガマに回収される。



コロニー内で別れてからバナージの行方を知らなかったミコットとタクヤはユニコーンガンダムのパイロットの姿を見て驚愕する。
ネェル・アーガマ内はダグザを中心としたエコーズと無理やり乗り合わせたビスト財団のアルベルトが対立、ロンドベルクルーはその両者の間で板挟みになり、苛立ちが隠せない様子。


UC計画・・・・宇宙再編計画の中心を担うそのプロジェクトの鍵となるユニコーンガンダム。それには地球連邦の威厳を根底から覆す「ラプラスの箱」の鍵が隠されているのだという。

ルナツーへ向かいたいエコーズとAEの本社があるフォン・ブラウンへ向かいたいアルベルト。彼らが真っ向から対立してる間、ネェル・アーガマはデブリ地帯に姿を隠していたが・・・・。
ガランシェールの罠で簡単にあぶり出され、ネオジオン軍の奇襲を受けてしまう。



圧倒的速さでネェル・アーガマに接近する一つの機体・・・・現ネオジオン総帥フル・フロンタルの駆るシナンジュがついに出撃。

リディたちがリゼルなどで応戦するも、たった一機に壊滅寸前まで追い詰められるネェル・アーガマ。

その時、ダグザがオードリーを連れてフロンタルに交渉を持ちかける。
ダグザは気がついたのだ、オードリーの正体。それはジオン軍にとってなくてはならぬ存在。ザビ家の末裔、ミネバ・ザビであった。


本艦を落とすなら彼女を殺すと持ちかけるダグザだが、フロンタルのほうが一枚上手。ザビ家に固執することなく、ユニコーンガンダムを渡さなければ艦を撃沈すると。

そこへ現れたバナージ。
子供を人質にするなんて間違っている・・・・オードリーを、そしてネェル・アーガマを守るために再びガンダムで出撃するバナージ。
NT-D発動後はパイロットが素人にも関わらずフロンタルと互角の戦いを繰り広げるガンダムであったが、クシャトリヤを加えての二対一では歩が悪く、バナージはユニコーンガンダムごとネオジオンに拿捕されてしまう。


ネオジオンの拠点であるパラオでバナージはフロンタルと謁見することに・・・。
フロンタルの目論見は当然ラプラスの箱の鍵となるユニコーンガンダム、及びそのガンダムを動かせる唯一の存在バナージである。

バナージはフロンタルの言うジオン軍の宇宙移民への自治権獲得という大義名分に一定の理解を示すも、それでも人の命を奪う行為を正当化するのはおかしいと反論。
だがそこでバナージは自らもすでにガンダムで人の命を奪っているという事実を突きつけられ、困惑する。


とりあえずはマリーダの家に引き取られたバナージ。いまだ自分が人の命を奪ったという事実を受け入れられない。
そんな中、バナージはマリーダから戦う理由、殺す理由殺される理由を諭される。
誰も無関係でいられない、バナージだってすでに状況の一部なのだ。



そんな中、ロンドベル隊はエコーズと合同でバナージ及びユニコーンガンダムを取り返すためにパラオ攻略の目論むが、ビスト財団がガンガン軍事に介入してくるうえ、敵の本拠地を叩くというのに心もとない増援。

それでもやるしかないと腹をくくったオットーだが、エコーズのダグザが少ない兵力でパラオを叩くためにある作戦を託す。


そして思いを寄せていたオードリーがジオンのお姫様と知り、少なからず動揺していたリディであったが、彼はこの騒動に紛れてオードリーに一緒に地球に降りようと持ちかけるのであった・・・・。



パラオ内のバナージにもロンドベルの作戦が伝わる。
インダストリアル7で多くの命が散ったところから始まった一連の騒動。今度は、このパラオが戦場となる・・・・・!




非常に濃密な第二話でした、いきなりユニコーンVSクシャトリヤの戦闘シーンで始まり、今回の目玉でもあるフル・フロンタルとシナンジュの活躍。そしてユニコーンとの戦い。
後半はガンダムらしく、まだまだ若輩者である主人公バナージが人の命を奪った現実を突きつけられる。
戦争はよくない、だがそんな綺麗事だけで収まるほど世界は甘くない・・・・ガンダムの主人公が避けては通れない道。
パラオ攻略戦で今度はネオジオンの多くの命が散るかもしれない、はたしてバナージはこの現実にどう立ち向かう?


次回はロンドベルの新機体も登場ですね!!

[ 2010/11/13 22:29 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。