どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

星空へ架かる橋 レビュー

星空へ架かる橋
感想およびレビュー


予定より随分時間かかってしまいましたが、feng最新作「星空へ架かる橋」をようやくフルコンプしたのでいつもの書きます。
延期に延期を重ね、いろんな意味で話題になった本作ですが、どうですかな?


今回は田舎が舞台だよ!


※ネタバレ注意



<システム>
パッチ当てれば問題なし、まぁ特に不快に思ったようなところはなかったです(自分が必要最低限な機能しか使わないからかも)。スキップ速度も特に文句ないですし。


ただシステムと言っていいのか分かんないけど、イベント・フラグ管理が雑すぎですね。やってもないイベントの話が後に普通に出来てたり、個別入るにあたって通過するべきイベントを華麗にスルー出来ちゃうのはダメでしょ。

こよりルートでキャンプファイヤーの話出されたときは困ったわ、その時伊吹と踊ったんだし。


おなじみのサイドストーリーは今回も健在。一つ一つが少し長い印象あったけど、普通に面白かったです。


<キャラ>
どのキャラも非常に魅力的だが、一部個性が強すぎる面も。
ヒロインはどれも個別でデレ始めるとなかなかに凶悪です、初やこよりは特に。こよりなんかは個別突入直後くらいから露骨にギャップ感じてけっこうやばかった。

かさねが少々アクが強すぎたか、詮索好きな上に口の軽さもトップクラス。ゲームだからいいけどリアルにいたら絶対友達にしたくないです。


一番へっぽこなのは主人公なんですけどね・・・。鈍感すぎるなんてレベルじゃないよマジ・・・・おまけに他人の気持ちを尽くスルーする言動の数々・・・・ちょっと酷すぎませんかね。


<グラフィック>
解像度でけーよ!起動直後にウィンドウの大きさにびっくりするでしょう。
グラフィックは概ね満足。今回は過去作と違ってつばす氏がいませんので涼香氏がメインという形ですね。

原画は三名なのですが、見れば簡単に3つにクラスタリング出来る程度に差は顕著。特に伊吹・陽菜は少し他二名と差が出てしまっているかな?特にエッチなCGで。

<サウンド・ボイス>
うーん、無難な感じ?決して「こいつおかしいやろ・・・」っていうのはないです。
むしろ南国原先生いい声してる。

そーいえば詩は今までの藤宮家同様中の人は同じみたいね。
湊の声もろまさかの時と比べるとけっこう変わりましたね、なんか雰囲気というか。


音楽も概ね無難なところ。

本作の売りであるバイノーラルボイスだが、若干局所的な感じでしたね。あんまり長々とその効果を実感する感じではなかったですけど、ここぞというところでのインパクトはすごかったです。
もう本当に耳の側で息遣いが聴こえてくる感じがとっっっっってもエロい!


<エッチ>
一人3~4回といったところ。
まぁまぁ特にへんちくりんなものもなかったです。
上記の通り、バイノーラルボイスが本領発揮します、でもそのせいでエッチシーンでのBGMはないです。それはそれでちょっと寂しいかも。


<シナリオ>
あってないようなもの?かなり薄いです。
共通はいつものfengらしく、学園のイベントなどでみんなでわいわい盛り上がる感じ。個別はなかなかに話が薄い。
イチャイチャ具合は問題ないのですが、シナリオそのものにインパクトが皆無で眠くなります。ルートによっては似たり寄ったりな展開でキャラに合わせて解決方法変えてるだけなものもありますし。

今まで以上に共通のほうが面白かったかな。ちょっとここはガッカリポイント大きかったです。

だいたい弟が寒さに弱いから帰ってこいとか行かせる前に分かるだろwwww



総評

70 / 100 点


うーん、なんとも言いがたい出来。
ヒロイン勢はどれもデレ始めると本当に凶悪です、あんなりマークしてないキャラでも個別に入ったら化けるかもしれませんよ。

だが個別シナリオの薄さと、延期した割にはゲームとして残念なイベント管理がいいところの8割を台無しにしてる感じでしょうか。
あんまりもう一周って気にはなれないかな。


さぁ次は今年最後のエロゲの予定であるキサラギGOLDSTARいきます。
命ー待っててー!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。