どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

キサラギGOLD★STAR サブ&トゥルー

キサラギGOLD★STAR
トゥルー含めてフルコンプ達成。


やっと終わったよー厳密にはまだ差分CG回収していないけど、シナリオは全て終わりました。

サブのざっとした感想とトゥルーの感想。
いや、トゥルーってどんなんだろうと思ってたら、意外と本編でもやもやしてたところがごりっと解決してよかったよかった。


※ネタバレ注意



サブキャラルート


・冬理
冬理ルートは命ルートのIF的な位置。もち、命ルートで二人が付き合いだすもっと前に二見が冬理に出会っていたら・・・。
うん、ありえる展開だったね。主人公かなりのお人好しだし、絶対に冬理の行動を止めて全てを許しただろうね。

デレ冬理がかわいすぎてやばいね、さすが命の妹。



・英子、桂子
この二人はいちかルートから派生。全ルートの中でもギャグ要素強め。
というか、本編からして英子含めた剣道部三人組がお笑い的な立ち位置すぎてwww
えっちなシーンまでギャグすぎてなんか疲れたぞこのルート。


・奈々子
下手なヒロインよりも可愛い奈々子でした。
翼ルートと同じく、「何のためにピアノを弾くのか?」という根本的な問題に立ち向かった描写がしっかりしてたあたり、サブキャラじゃ一番優遇されてたかな?
まぁそれでもサブキャラなもんで解決もエピローグもあっさりだけどね。

それにしてもかわいすぎる。




・トゥルー
全てのEND後に開放されるトゥルールート。
ここでの主役はヒロインでも瞳でもなく主人公の新田二見。

唯一腕輪が輝かなかった二見。それはそうで彼にだけこのゲームにおいて重要な要素である「夢」がぽっかり抜け落ちていたのだ。
失われた二見の夢は一体何?

そんなわけで次々と新たな謎が明らかになっていきます。
作中一度も登場しなかった二見の父親、母親が家を出て行った理由、同じく本編ではあまり触れられなかった瞳の夢、タイムカプセルの中、そして二見の夢・・・・。


全ては父親の死をきっかけに、沙弥によって封じ込められた「宇宙飛行士になって月に消えた父親に会いに行く」という二見の夢。
その夢が解き放たれ、瞳の姉に対するしがらみの消え、6人全員の腕輪が輝いた時、全ての願いは叶う。



トゥルーということで誰かと結ばれるようなものではなく、本作のキモでもある「夢」を主人公・二見にスポットライトをあてる形でまとめたルート。
なかなかにいいお話でした。瞳の話とかオチが酷かったけど、きちんと二見にも夢があり、最後に月に行けてよかった。

月には何があったのかな、沙弥は最後の願いで長屋に戻ってきてるはずだよね。


ちょっとノスタルジックな雰囲気が強い本作だけど、トゥルーはとりわけセンチメンタルな描写が多くてほろりとしちゃった。
というか、ここにきて父親のその設定は卑怯だじぇ・・・・瞳の姉もどこでいってしまったのだろね・・・。



最後は個別一枚絵じゃなくて、タイムカプセルの6人全員の願いどおりに全員が再会したものが欲しかったかな・・・・。



いや、面白かったです。
前作のナツユメナギサとはまた大きく違った方向性のシナリオ。幼き日の「夢」の輝きを取り戻すお話。

ノスタルジックでセンチメンタルな雰囲気が非常に素晴らしかったです。やっててたまにほろりとしちゃうのよね。
それぞれの夢のため、いつまでも一緒にはいられない。それぞれがそれぞれの道を進むための別れの日は必ず来るけど、彼らはタイムカプセルに「再会」の夢を込めた・・・・。
それが最後に成就された、いい話じゃないかー。


次回は総評。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

あぐりゅー

Author:あぐりゅー
ゲームと
ガンダムと
エロゲがちょっと好き。
だいたいそんな感じ。



Twitter : AgRyu



コメントなどはご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック