どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遙かに仰ぎ、麗しの 美綺ルート

遙かに仰ぎ、麗しの
修論が忙しいフリしてアサクリばっかりやってたせいで進んでなくて申し訳。


前回の眼鏡ルート終わってからどれだけ経過した?
二人目終わりました。二人目は学園のトラブルメーカーで情報通、相沢美綺。



最初のプロフェッサールートが意外と重い話だったもんだから、全体的にそんな感じなのかなと思ったけどみさきちルートは少しラフな感じでしたね。


※ネタバレ注意


みさきちルートは大きく分けて二つに分かれる。
フラグ成立前はこのゲーム全体に共通する重い世界観と境遇からなるみさきちとすみすみの姉妹の絆を取り戻す話。


もはやこの学園の存在自体が歪であり、そこに放りこまれた人たちの境遇やらなにやらが歪んでいるのはプロフェッサールートで実証済みなわけで。そこまでヘビーな雰囲気にならずに済んだかな。


みさきちのゲーム内屈指のポジティブシンキングと、親友・奏との斜め上をいくやりとりはこの作品の中じゃ貴重な存在であり、終始なごませてもらいました。




後半はそういった暗く湿った世界観とは打って変わって、意外な冒険活劇に。
学園のある半島に隠された歴史をみんなで調べよう!ちょっとした好奇心から始まった探検は分校・本校生徒の垣根を壊し、最終的には風祭すら揺るがすとんでもないものを見つけてしまった。


ちょっとこのゲームの世界観から離れた、いわばありがちなキャラ萌えゲーにありそうな展開になったけど、これはこれで面白かったし。前半に出てきた七不思議の話なんかも最後には全て収束していって、話の内容の善し悪しは関係なく、完成度は非常に高いと思った。



しかし色々な遺跡が見つかる中で、それを表す背景やら一枚絵が一切なかったのはすごい寂しかった。坂水先生も悪役になる前に勝手に退場しちゃったし、なんか可哀想www




ここまでは噂通りに非常に高い完成度で楽しめてます。お次は分校組ラスト。
にしても、プロフェッサー先にやっちゃったせいで姉妹関係をみさきちルート前から知っちゃってたのが惜しい。
これ、どれか1ルートやると他のルートのネタバレしちゃうのはやめたほうがよくね?

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。