どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラブラブル レビュー

ラブラブル
感想およびレビュー


前回のかにしのがアホみたいに時間かかってしまって・・・・なんかさっくりと可愛い子とイチャイチャできるエロゲらしいエロゲしたいなぁと思っていたところでこのラブラブルをやったわけですよ。


いやいやいや、脳みそ溶けたわぁ・・・・
ボリュームも今の俺のニーズにばっちり答えてくれてね、うん!

※ネタバレ注意


<システム>
非常にシンプルなシステムではあるが、それ以上がない。最近じゃけっこうかゆいところに手が届くシステムであったり、ちょっと凝った演出する作品も増えてきてるから、ここでも何かワンポイント欲しかったのが本音。

悪く言っちゃうと旧型って感じ。


特徴的なのがヒロインの容姿が選択肢一つで変わること。
あえて違う容姿を選んだ時の「どんな髪型になるんだろう」というわくわく感はけっこう楽しい。

メールでのやりとりもいつものテキストのやりとりとは一味違う雰囲気で非常に楽しかった。


<キャラ>
本作は「いちゃラブゲー」である。
つまりはヒロイン勢は思わずいちゃいちゃしたくなるような面子でなくてはならないんだけど・・・・いや文句なし!

いや本当にみんな可愛い・・・・って言いたいんだけど千夏は最後までちょっとパッとしなかったかなぁ・・・つぐみはプレイ後に急上昇したんだけど。
一枚絵の差かな?


よかったのが男性陣。クズ人間代表の店長に天川もキャラを活かした(?)言動が面白い。

一番死んだのはアリス服のさつきかな。

主人公は非常にエロゲ主人公らしい、ポジティブシンキングで常に自らが動いて周囲を動かすタイプの人間。決して何かが飛び抜けてるわけではないのだが、この周囲を動かす力というものがエロゲ主人公らしくてとても好印象。

<サウンド・ボイス>
花穂の声がありえないほどエロいっすよ・・・・。
ちょっと美冬の声に違和感を感じるかな。サブキャラのなかでも登場回数が多めなだけにちょっと気になった。

OP、挿入歌は茶太さん。EDは挿入歌のインストゥルメンタルアレンジ。
個人的には挿入歌がお気に入り。


<エッチ>
一人3~4回。全員一回ずつ選択式でコスプレあり。
ここでもきちんと容姿変更が反映されるんだけど、ちょっと服の変更が弱いかな・・・・脱ぐから別にいいってか?そうじゃないって!

<シナリオ>
ボリューム自体は非常に薄め。
共通ルートは「ヒロイン紹介パート」を銘打っていて、何か大きなシナリオがあるわけでなく、全5パートでそれぞれのヒロインをSSで紹介していくような形となっている。
そして個別はひたすらイチャイチャ。感動のシナリオやびっくりする超展開など何もなし。あるのはヒロインとの脳みそがとろけるような日常。

ゲームのコンセプトはあくまで「いちゃラブ特化」なので、その観点では間違ってはいないが、やはりEDに入ったときは肩透かしをくらうと思う。もうちょっとヒロイン毎に何かストーリーが欲しかったかなと。
特につぐみ、さつきルートあたりは何も無いと言っても過言ではないと思う。


総評

85/100 点



「シナリオがすっからかん」と言ってはいるが、それでもいちゃラブ特化というゲームコンセプトはしっかりと貫けていたし、キャラも可愛いし店長を中心とした掛け合いはなかなかに楽しい。
テンポも非常にサクサクプレイできたし、個人的にはそこそこの良作。シナリオの物足りなさ以外には特に不満点がない。
それ以上にとにかくヒロインとの脳髄溶けまくりな個別ルートが凶悪。公式で銘打ってるコンセプトに偽りなし。つぐみや奈々子あたりは共通とはガラっとキャラが変わってもうやぁのやぁの。

過度な期待はしてなかったが、予想以上に楽しめました。大満足です。


さて、次は期待の新作「穢翼のユースティア」を始めます。
まだインストールしただけだけど・・・・6月の新作の前にはお・・・終わるのかなぁw

[ 2011/05/29 06:08 ] .エロゲー ラブラブル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。