どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

穢翼のユースティア イレーヌ&ラヴィリアルート

穢翼のユースティア
まったりもったり攻略中。

3人目は聖教会の頂点にして都市を支える聖女・イレーヌ。と、そのお供のラヴィリア。

おまけかと思ったら普通にラヴィリアENDもあってびっくらこいた。


で、相手が聖女だとくればいつまでも牢獄にいるわけにもいかんざきで物語は上層へ。
ここらへんからぼちぼち核心に迫り始めます。


※ネタバレ注意



今までちらっとしか出てこなかったイレーヌをここから攻略するのか・・・・!?
一抹の不安を持ちながらも不安はズバリ的中でものすごい急にイレーヌから呼び出されてティア共々聖教会にいすわることに。


そんなわけでここからは淀んだ牢獄から一変、清楚なる聖教会が舞台ということでカイム共々そのギャップを感じずにはいられない。
圧倒的に価値観の異なる世界に突如ぶん投げられ、戸惑いながらも生活することに。

とにかく聖女さんが分かっていてぶっ飛んでるからやりにくい。現実主義のカイムから最も遠い性格をしているだけに二人の会話は基本的にちぐはぐ・・・・・。


ちょっとキャラとしては好きになれなかったかな・・・・ラヴィ共々俺が私がの自己犠牲の手の挙げあいで。そんなところでお互い不幸目指してヨーイドンしたところで誰も幸せにならないというのに。


おまけにカイムもここまで一環して現実主義を取ってきたのに、祈りなんかで岩が浮いていることに関してはあっさし信じちゃうんだね。
それは信仰となにも変わらないと思うけど。


しかし聖女の祈りで浮いてると信じられていた世界の歪みは明かされ、聖女の存在などこの国の存亡には一切関係ないことが明らかになる。
魂が強すぎるが故に周りを受け入れずに暴走気味だったイレーヌ。二言目には「私の何がわかる!」って切り捨ててきた彼女が二度目のグラン・フォルテによって失墜し、目の前で親友を失おうとする。その時に彼女は真に聖女から一人の人間に戻れた気がする。


でもこのルートで一番ショックだったのはメルトが死んだことだよな・・・・いやマジで死んだの?いまだに信じたくないんだけど。
彼女の死が今後のカイムの行動の理由になるのだとしたらなんと勿体無い命なんだろう。


それにしてもダラダラと長いルートであったな・・・・いや、たぶん信仰とは何かなんていう話題がそもそも自分にあってないのは百も承知だけどね。


何はともあれ、大筋としてはティアの羽化病治癒の能力、そして国を浮かせているものの正体と、大きな謎が二つ。残り二編でこの謎を解き明かして大団円になるかな?



次は王女様

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

あぐりゅー

Author:あぐりゅー
ゲームと
ガンダムと
エロゲがちょっと好き。
だいたいそんな感じ。



Twitter : AgRyu
PSNetwork : panax510
ブクログ:agryu


コメントなどはご自由に。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック