どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

穢翼のユースティア リシアルート

穢翼のユースティア
せめて7月中には終わらすぞあにきぃ・・・・・


で、4人目終了。
4人目はお転婆王女、リシア・ド・ノーヴァス・ユーリィ。


物語はいよいよ核心に。なかなか激動のリシア編でしたな。


※ネタバレ注意


リシア編ではいよいよ黒幕の執政候と対決。ついに革命が起こる。

リシアは序盤こそメイドに化けたりとお転婆っぷりを発揮したが、そこに突如現れた超現実主義者のカイムに、最悪の現実。
リシアは己の現実と向き合い、この国の王女として何をなさなくてはならないかを真剣に考える。
望まれて王女に生まれたわけではない。しかしそれは誰だって同じで、牢獄の人たちも望んで牢獄に生まれたわけではない。しかしその限られた条件下で己のベストを尽くそうを地べたを這いずり回ってまで生にしがみつこうとする者もいる。
それを目の前にしてリシアは己の宿命から逃げるのか?立ち向かうのか?


非常に骨のあるシナリオでしたね。舞台がついに国の中央に移ったことでカイムは少しずつジークと一緒にいたころに比べて抗う姿勢が失われていってる気がするけど。
「仕方がない」って台詞が増えた気がする。それも牢獄に対して。

一方のリシアは大成長。終盤のヴァリアス説得のシーンはなかなかにいいもの見た。

このシナリオはヴァリアスとリシアが光りすぎてカイムとかルキウスが軽く空気だったもんな。
リシアは王女として、ヴァリアスは国に誓った絶対の忠誠のために、それぞれが一歩も引かず、真の答えを導きだすあのシーンは今のところ最高潮かと。



物語的にはこの国を浮かせているものの正体が本当に天使だったこと。そしてその天使は今にも力尽き、国ごと崩壊しそうになっているという危機的状況。
ギルバルトはもう少しキャラ的にぶっ壊れたら面白かったな。歪んだ愛情で国一つ滅ぼす覚悟の出来てるんだからもったいない。


残るはティアのみ・・・・どう考えても今最も天使に近い存在であるティア。
おそらく彼女の力で国の崩壊を止めようって展開なのかな・・・・?しかしただでは終わらんだろうな。

ラストスパート頑張ります。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

あぐりゅー

Author:あぐりゅー
ゲームと
ガンダムと
エロゲがちょっと好き。
だいたいそんな感じ。



Twitter : AgRyu



コメントなどはご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック