どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

穢翼のユースティア レビュー

穢翼のユースティア
感想及びレビュー

やっと終わったのさ穢翼のユースティア。もう周りが誰もやっていない頃に起動して、周りが忘れたころにクリアする今年の僕のエロゲスタイルはむしろ最先端かもしれない。

そんなわけでAugust最新作の穢翼のユースティア。
今までの初心者向けで分かりやすいキャラ萌えゲーとか打って変わって、舞台は崩落によって閉ざされた理不尽と不条理の支配する世界。


問答無用に血は流れ、安い同情はむしろ自らの手を痛めるだけ。突きつけられる現実を否が応にも受け入れなくては生き残れない世界。
立ちはだかる死に対し、生きることの強さを見せつける物語。


※ネタバレ注意



<システム>
August渾身の最新作、それはシステム面からもものすごい丁寧さを感じた。
特にマウスジェスチャーが非常に便利で右クリック+上下左右で最大4つのショートカットを割り当てられる。コンフィグとかオートON・OFF、セーブ、ロードを割り当てちゃえばマウスだけでものすごい快適にプレイ出来ました。


んで、シナリオはよくあるマルチエンド分岐型ではなく、一本のトゥルーという太い幹に各ヒロインのサブエンドが枝分かれしている形式。
ティアが実質トゥルーなんだけども、他ヒロインエンドがけっこうあっさり気味で肩透かしくらったかな。



<キャラ>
けっこう癖が強い。特に後半が。
コレットだのリシアはものすごい我が強いので慣れるのに時間がかかった。サブキャラも壮大なシナリオを盛り上げるために大活躍。ルキウスなんかは頭のぶっとびっぷりがピカイチだった。

惜しいのはやっぱりメルトが死んじゃうことかな・・・・前半の牢獄編であれだけカイム、ジーク、メルトのやりとりを見せられると、彼女の死が確実にその亀裂を生み出し、最後のジークとカイムの確執を生み出したと思うとやりきれない。

ただヒロイン勢で誰が好き?って言われると答えに詰まる程度にクリティカルなヒロインがいなかったかなぁ・・・・。


主人公のカイムは牢獄育ちとだけあって半端ない現実主義だが、後半になってぽつぽつらしくない理想を呟くようになる。そして最後は世界の命運よりも一人の女性を選択した。実に人間らしい情緒の移り変わりの激しい主人公でした。


<サウンド・ボイス>
BGMが基本的に暗いんですよね・・・・・まぁ世界観に合ってると言ったら完璧に合ってるんだけど。
それよりもOPムービーはしびれました。曲と相まって過去最強クラスの素晴らしいOPかと。で


ボイスは特に違和感なし。リシアはあのお転婆キャラなもんだから、あの声で演説されちゃうと「あれ?」ってなっちゃうのは仕方が無いね。


<エッチ>
ストーリー中に用意されているのは基本的に一人一回。他は全部おまけ収録という形。
ちゃっかり娼婦三人娘やラヴィリアの分まで用意されてあって、なんだかんだでAugustだなぁと。

でもここだけの話結局最後まで一度もアレしませんでした。もうべっかんこう氏の絵じゃアレなのかなぁ。


<シナリオ>
非常に力を入れただけあってかなり重いシナリオ。いとも簡単に人の命が亡くなっていくそれぞれが生きる理由、その覚悟を世界に見せつけるべく奮闘する。
非常に重厚なシナリオだが、思ったよりも長さはなく、いい塩梅だったと思う。少々くどいところもあったけどまぁ概ね満足です。
舞台が牢獄から上層に変わってからの各キャラの思想が緩やかにシフトしていく様子は最後の最後まで肝になるしね。

ただオチが弱いというか、後日談的なものがもっと欲しかった。あれじゃあ世界が救われたのかどうかが不透明なままでティアの犠牲とはなんだったのか状態じゃないか。あわよくば夢の世界のままでいてくれって感想になっちゃうけどそれはこのシナリオを根底から覆してしまうしダメだよなぁ。


あとはサブエンドの短さかな?ある特定のキャラとらぶらぶしたい人には全く向いてないです。


総評

85 / 100 点


非常に点数つけるのが難しいくらい賛否両論巻き起こしそうな作品でしたが、僕個人としては概ね満足です。もう一度やるなら、じっくりそれぞれの台詞を読みといて、その根底にある信念をもっと感じられたらより深くなるなと思っているし。



さて次回はpropellerのすきま桜とうその都会やります。というかやってます。
花珠ちゃんかわいいよ~。
9月の新作まで終わったら俺超頑張った。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。