どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

すきま桜とうその都会 ちょこルート

すきま桜とうその都会
こそこそ進めてたすきま桜とうその都会。

まぁいつも通りのまったりペースで最初のルートが終わりました。その辺共通と一緒に感想。

「うそ」を持つものだけが入れるという不思議の街、桜乃。
そこに迷い込んだある兄妹と、その周りのお話。


はたして彼らのうそとは?

※ネタバレ注意


共通はほっとんどくだらないやりとりで桜乃の生活が取り沙汰されるって感じ。
序盤こそ、一年中桜の咲くうそつきの街、桜乃の幻想的な雰囲気が良かったけど、あっという間に溶け込んだ春日井兄妹。

そしたらもうそこにあるのは桜乃でのちょっと変わった連中が織り成す日常。
まぁ面白いんだけど、いかんせん長いし進展のない内容ばかりなもんで早く個別にって意識が。


で、最初に攻略したのは賑やか担当の天羽ちよこ。

うーん、なんとも微妙な内容。桜乃である必要があったのかなぁと。
いつも賑やかな彼女は「特別」を探して右往左往。友人である彩香はずっと前に失った特別を再び見出し、輝きはじめる。

そんな彩香を見て、ちよこも特別を見出すために奮闘するが、結局のところ、特別は目の前にあった。というか出来ていた。



うーん、あまりうそつきが集まる街、桜乃を舞台にしている意義がないというか。散々ちょこが暴れるだけ暴れて終わった印象が・・・。


まぁ正直、共通終盤で咲良が実はしゃべれないっていうカミングアウトのインパクトが強くてね、ちょっと個別でかくーんって。

まままま、いつも元気いっぱいなちょこがちょくちょく照れてる顔はかわいかったです、はい。



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL