どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

はつゆきさくら 希ルート

はつゆきさくら
あれはもうフルコンプしちゃったもんね!



3人目はアバズレ進路指導員・東雲希



アバズレぇ・・・・・・



※ネタバレ注意


卒業、おめでとう


普通に良い話です、アバズレのくせに不覚にも感動してしまいました。
こちらも物語としては夜ルート同様、少し本筋からずれて希と初雪と、それを取り巻く周りのお話に限定してますね。


むしろそれがいい感じ?
中盤のバカップル具合というか、希の落ちっぷりがもうたまんねぇのなんのって。
ちょっと家に持ち帰っていいか?このアバズレ。


そんでもって話は・・・・あれ、中盤までひたすら希がうえっへっへってやってるだけじゃないか。まぁいいか、ごちそうさまです!

じゃなくて、終盤は綾ルートでも語られた初雪たちが2年時に起きたバレンタイン祭暴動事件に絡んで兄・妻が安っぽい正義感からちょっと暴走。


ところがどっこい誰よりも彼らの卒業を望んでいたのは本人たちでも先生でもなく、進路指導員長としてなんだかんだで仕事してきた希であったわけで。


そんなこと妹に言われちゃったら折れるしかないですよ妻君。



いや、正直言って最後の希の送辞は非常に素晴らしかったです。あれは素直に感動出来ます。希かっこいいです。
テーマの中に卒業が含まれる本作に非常に似合うエンディングでしたし、最後のオチも私の大好きな奇跡でもなんでもいいからハッピーエンドになれエンドでほっこりお腹いっぱい。

夜ルートはそこで初雪と再会出来たのかだけが本当に心残りで。本当にそれだけが心残りで。



俺はほら、ティーダとユウナが再会出来るなら発売日に予約してアルティマニアまで読んで220時間かけて(本当はそんなにいらないけど)頑張れる人ですから!
これで通じて欲しいんだけども。



いや、本当に、卒業、おめでとう。



次は(・(ェ)・)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL