どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

この大空に、翼をひろげて あげはルート

この大空に、翼をひろげて
もっそりプレイ中。



共通は長めだけど、個別はそうでもない感じ。

一人目は幼なじみ枠・姫城あげは。

う~~~~~~ん、痒い。



※ネタバレ注意


幼なじみ枠というのと、あげはの明るいキャラのせいで共通から積極的に主人公とバカやってるあげは。


しかし、その本人たちも境界線が曖昧になっている友達以上恋人未満な関係はふとしたきっかけでガラガラと崩れていくわけで。もちろんいい意味で。

昔は何も考えずにぎゃーぎゃー騒いでいたあげはも気がつけば女になっていたし、そんな子と数年ぶりに再会して、誰もいない自分たちの秘密基地で迫られちゃって、大人しくしてるほうがおかしいもんだ。


ところが晴れて結ばれた(?)二人だけど、どこかあげはは余所余所しいというか、微妙に距離を置こうとする。彼女の記憶にへばりつくトラウマは一体何?
彼女は三度目の秘密基地喪失に怯えていただけだった。それに気がついた主人公はなんとしても再び大空に飛び立ち、男らしく約束を果たしてしまおうというのだ。



あげは自身はいいキャラでしたね、幼なじみ枠ということで久しぶりに清々しいまでの幼なじみ。全く主人公との距離感を気にせずにガンガン絡むくせに、いざ攻めると女の子を見せちゃうあたり。

だがしかし個別の内容が薄いというか、肝心のあげはが頻繁に姿を消すせいでほとんどイチャラブ出来なかったのが惜しくて仕方がない。
上記の通り、成立してもなお微妙に距離を置こうとするあげは。解決した時にはエンディング。そんなのあんまりだあああああああああああああ。゚(゚´Д`゚)゚。



何も考えずに騒いでいた過去に郷愁を抱き、それを失うことを恐れるあげはの心情など、痒くなるくらいの青春群像はチラチラと片鱗を見せていただけに、中途半端な時期がひたすら続いたのは本当に勿体無い。



にしても、やたらエロいと感じたのは僕だけなんでしょうか。
あげはからただならぬ痴女の才能が・・・・・。


酷い〆


次は双子ちゃん
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。