どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

この大空に、翼をひろげて 風戸姉妹ルート

この大空に、翼をひろげて
もっそもっそとプレイ中。


ぶっちゃけ忙しくて最近進んでないです。
二人目、というか2ルート目はソアリング部期待の新星・風戸亜紗&依瑠姉妹。


ふおおおおおおおおおおおおおおお双子だあああああああああああ!
ぶっちゃけ双子のサンプルCG見て購入を決めたと言っても過言ではない。


相変わらず個別はなんとも言えない薄さだけど、それなりに青春できて楽しかったです。


※ネタバレ注意


風戸姉妹は大きく二つのルートに分かれる。
亜紗だけを選び、彼女と結ばれる亜紗ルートと、依瑠も捨てきれずにいっそ二股かかってこいな双子ルート。

え、依瑠単独ルート?



ないよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



じゃあまずは亜紗ルートから。
天才風戸家生まれ育った亜紗。空に憧れ、飛びつくようにソアリング部に入部し、熱心に部活動にはげむ亜紗。
なぜ彼女は空に憧れる?


天才風戸家の中では比較的普通の亜紗。それが彼女に強いコンプレックスとなってつきまとう。おまけに双子の妹は最強クラスの天才。常に比較されるのが世の常。

彼女が空に憧れる理由。彼女は鳥に憧れていたのかもしれない。
高ければ高い壁のほうが登ったとき気持ちいいもんな。翼を持たない人だからこそ、あらゆる努力を乗り越えて空へ飛び立った瞬間の感動が大きいんだ。

今まで「普通」であるこちに劣等感だけを抱き続けていた彼女だが、彼女は大空の中で普通でもいい、むしろこの一瞬の感動のために普通でありたいという答えにたどり着いた。





一方双子ルートでは依瑠側の描写が多め。
天才として無駄なことを嫌い、必要最低限のふれあいだけで過ごしてきた彼女。

依瑠もまた、亜紗とは違った観点から「なぜ空を飛ぶのか」という問題に立ち向かう。彼女にとってそれは無駄なことであり、全く理解できないものであった。

だが亜紗と共に部活に関わり、夢が断たれそうになった碧のために空を飛んだ時、彼女もまた答えを見つける。

彼女は天才な故に、逆に上を飛び続けなければならない使命を負わされていた。なぜ飛び続けなければならないのか。


その答えは至極単純であった。ただ好きだから、それだけ。

それを今まで無駄なものと捉えてきた依瑠だったが、好きなものを好きと素直に認めた時、新たなる世界が広がった。




そんなわけで「なぜ飛ぶのか」というテーマを異なる観点から描いた2ルート。正直こういう話が見たかった感じは非常にあったので、このテーマとそれをとりまくシナリオに関しては大満足です。
両者に比較もとても上手でしたし、うまく双子であった意味も活かせたと思います。


やっぱりイチャラブ成分が微妙。というかとりあえずえっちな流れが強い気がする。


でも双子ルートの最後の依瑠のセリフが全てを物語ってると思う。


だって青春ですしね!臭いセリフも、青い春の前では輝くんですよ。


痒い。だがそれがいい。



願わくば依瑠が主人公に惚れる過程をもっと盛り盛りして、なんか一人でもんもんしてどうしていいのか分からない依瑠が見たかったとかそんな感じで。



きちんと空を飛ぶことに一つの意味とゴールを見出してるのがとても良い感じで、設定をまったく腐らせてないのが好感持てます。



次はくーるびゅーちー
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。