どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

青い空と白い雲と緑の芝生の中で

暑い日が続いておりますが、熱いところへ行ってきました。
apbank主催のapbank fes'12。

司会進行(?)をMr.Childrenの櫻井和寿が行なうってことでMr.Childrenファンとしては絶対避けられない真夏の音楽祭。

apbankそのものは環境やエネルギー問題に関して活動を行う様々な団体へ融資を行う銀行のような団体。そのapbankが活動資金の調達と、その中で様々な団体の環境への取り組みを実際に来た人に触れてもらうことで開催するのがこのapbank fes。


開催8年目にしてついに初参戦となりました。
アホみたいに暑かったです。朝の予報で雨と聞いて雨具持ってきたのに、あまりに暑いのでぶん投げるところでした。



めちゃくちゃ楽しかったです。
この日のゲストでもあるSalyuや平井堅の歌声は会場を魅了するし、スガシカオのファンクなメロディーで自然に体は動くし、謎のベールに包まれまくりなJASON MRAZの優しいステージに癒されました。

Bank Bandの演奏は4曲とかなり少なめでしたが、今回のライブで初カバーとなる「終わりのない歌」と「僕らが旅に出る理由」は素晴らしかったです。


そして後半は今回の目玉ゲスト、スピッツの独壇場。
いつも通りの大暴れのステージ、けもの道から始まり、三日月ロック、恋する凡人、8823と大暴れしつつ、時折チェリーや空も飛べるはずといった永遠の名曲も挟みつつの1時間、最高でした。



ラストはMr.Children。
いきなりtomorrow never knowsで観客を発狂させたステージは新曲2曲の初披露を含めてこちらも約1時間。
最後はエソラからのシーソーゲームで会場大爆発。


最後は恒例のその日のゲストボーカル全員と一緒にto Uの合唱。
Mr.Childrenの桜井和寿、スピッツの草野マサムネが同じステージに立って同じ曲を歌う光景なんてこの先一生見れないかもしれないレベル。これには俺も発狂。




このフェスはライブエリアの他にも色んな団体の環境に関する様々な取り組みを紹介したり、体験できるブーが多数用意されていたのですが、現地到着が予想以上に遅れたせいでライブ以外はほとんど回れませんでした。
来年、再び聖地つま恋に来たときはおいしいものを食べつつ、色んなものを見て回りたいですね。


暑さは大変厳しかったですが、青い空と白い雲と緑の芝生はとても気持ちよかったです。

最高の夏の思い出をありがとうございました。また来年、ここで会いましょう。


IMG_0318_R.jpg
[ 2012/07/16 21:04 ] その他 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。