どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

ウィッチズガーデン レビュー

ウィッチズガーデン
間奏及びレビュー


予想の二倍くらい時間がかかってしまいましたが、ウィッチズガーデンコンプしました。
えーえー長かったんですよ!特に全ルート終了後に開放されるトゥルーが!


どうだった?って言われると一言目に「眠い」が出てきてしまう、そんな感じです。


※ネタバレ注意


<システム>
ともかく注目すべきはE-mote。
静止画が動く動く。なんかPS3のムゲンソウルズに使われてたシステムに近い感じだけど、こちらは動くし揺れるしでなかなか革新的なシステム。

まぁ最初は見ててすげーってなるけど、作中当たり前のように使われるせいで中盤以降はむしろ動いて当たり前みたいな。このあとに違う作品やったらあまりに動かなくて違和感感じそうです。

キャラが棒立ちの時代は終わるのか・・・・。


<キャラ>
このブランドらしく、メインもサブも入り乱れる感じが好きです。
メイン勢は個別に入ってからやたらエロくなるキャラばっかりな気がしてならないけど気のせいかなぁ。涼乃、水澄あたりは特に。

トゥルーは話の中心はもちろんあやりなのだが、まぁ全キャラ入り乱れての総力戦って感じでキャラを立たせることに力入れてるなぁという印象。
(そのせいで無駄に長くなってることは否めない)

ところでマーシャって何か意味あったのかな。



<サウンド・ボイス>
はいそこ、こはる五月蝿いとか言わないの。
今回はBGMも主題歌も割と普通な印象。というか各個別ルートのENDはまたキャラソンだしね。

トゥルーエンドのエンディング曲タイトルが「Prologue」なのはこの作品の話をよく物語っていると思う。



<エッチ>
涼乃と水澄がエロすぎてなんかもうよくわかんない。
サブキャラに一切シーンを用意しなかったあたり、これまたFDコース確定な感じ・・・・?

あやりは個別もトゥルーもあるせいか若干の優遇体制。


<シナリオ>
総じて世界を変えるための物語。
何かとエンディングがそのままスタートにもなりえるような構成のため、続きのサブシナリオ的なものを作りやすい構成にはなってるかもしれない。

涼乃、あやりルートがこの世界の本質に迫るとても大事なルートなのだが、問題はトゥルーが無駄に冗長だったこと。
上記2ルートで明らかになる風城の真実を、また0から迫るというのはとにかく長いしだるいし。「いや、もう知ってるから、それ」的な空気が強い。(特に長老が誰かだなんて長々と引き伸ばす必要ないだろ)。

そんなわけで個別は非常にテンポ良かったが、トゥルーが完全に蛇足だったという感じでした。



総評

75 / 100点



悪くはない。が、それ以上でもない。
むしろムダに長いトゥルーが完璧に蛇足。
キャラは可愛く、絵も大満足なのでいつも通り初心者向けというか無難な感じだが、それ以上に突き抜けてるのが何もないので二度目は正直ないかなという印象。

でもこの感じだとおそらくまたFDが出そうな感じですね。明乃あたりは人気投票でも上位ランカーですし。

ただ、e-moteだけは非常に革新的。今後こういう見て楽しいシステムが増えると捗りますね。


で、次はやっと開始できるAugustの新作。
まだ始めてもないのにアニメ化が決まったそうですが・・・・・・大丈夫?
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

あぐりゅー

Author:あぐりゅー
ゲームと
ガンダムと
エロゲがちょっと好き。
だいたいそんな感じ。



Twitter : AgRyu



コメントなどはご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック