どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大図書館の羊飼い 玉藻ルート

大図書館の羊飼い
もそもそ攻略中

二人目が(実はけっこう前に)終わりました。

二人目は図書部のブレイン・桜庭玉藻。

他人に厳しいが、それ以上に自分に厳しい。そんな簡単に休日出勤を決めるPMじゃ将来は真っ暗だぞ!

やっぱり図書部ってブラック企業にしか見えない・・・・。


※ネタバレ注意


玉藻の家族は由緒正しき一族であり、それ故に玉藻自身もあらゆる面で自身に完璧を求める主義。
そのため、任された依頼をこなすためには自分が一番無茶をしてしまうタイプ。本当は絵を描くことが大好きなのに、親の期待に応えるために玉藻はその情熱すら心の奥に封じ込める。


それは主人公と付き合うことになった後も変わらず、やっぱりどこか無茶しがちな玉藻。


それにいち早く気づき、手を打ったのが親友つぐみ。
玉藻を無理やり図書部から引き剥がし、自分を見つめなおさせることに。

図書部の活動でドタバタしてた日常から一変、主人公とまったりする日常で自分のやりたいことを見つめなおす玉藻。が、それと図書部の話は別。

図書部がピンチなら誰よりも早く駆けつけるのも玉藻らしいわけで、最後はやっぱり図書部のピンチを救ったのはブレイン玉藻でしたとさ。


ってこれまたすっげー短いの。
なんか、別段大きなイベントがあるわけでもなく、まったりゆったり色々進んでたらいつの間にか終わってましたーみたいな。

話の展開的には、由緒正しき一族である玉藻がその家族の鎖を打ち砕くよくある展開なんだけど、本当に最低限の部分しかなぞってないせいでまったく印象に残らなかったんだなぁ。


他ルートもこんな感じでトゥルーでぶっぱする構成なのかなー。としたらもう他ルートの感想もテキトーになっちゃうよーwww


あ、次は声楽科のあの子で。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。