どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アサシンクリード4

つい先日、アサシンクリード4を全クリしました。

こう見えて1から2の3部作、3、おまけでレディリバティまで全部クリアしてるんですよえぇ。
(ぶっちゃけ2のリベレーションから微妙に面白さ下降気味だけど)

今回の主人公は3の主人公であるコナーの叔父、エドワード・ケンウェイ。
アサシンクリードとか言っておきながら、3で取り入れた海戦にスタッフがテンション上がっちゃってもっと海戦を前面に押し出せるネタ・・・海賊だー!

とかいうノリで選んだであろう、今作のテーマはアサシンじゃなくてぶっちゃけ海賊。


これタイトル、パイレーツ・オブ・カビリアンに変えたほうがいいんじゃね?そっちのほうがたぶん評価高まるよ。


※ネタバレ注意
そんなわけでパイレーツ・オブ・カビリアンクリード4!
世界中のアサクリファンをガッカリさせたシリーズの汚点、3からアサクリは復活することができるのか。

まぁぶっちゃけるとまたオチが中途半端でなんかモニョモニョしてるんですけどね!

現代編は3の衝撃(ガッカリ)のラストから数年後、一応地球の危機は回避されたが、その代償にデズモンドはおそらく命を落とした。
アブスターゴは相変わらず世界を牛耳ろうと色々画策してるみたい。

ショーンとレベッカがごく普通にアブスターゴに潜入してたけど、彼らは何しに来たんだろう・・・・あと現代編の主人公を陰から操っていたあのイカれ野郎はなんなんだよ。

つまり現代編で気になったことが何も解決されなくてとてもゴニョゴニョ。

じゃあ肝心のゲーム本編であるアニムス内は?


だからパイレーツ・オブ・カビリアンだって言ってるだろ!
半分陸、半分海戦と船操作や海戦が嫌いな人にはストーリーを進めるだけでも苦痛になること間違いなし。
だが海戦は3に比べてとてもやりやすく、コツと船の強化させ適度にこなせばそこそこ楽しめると思う。(ただし船強化のための資材集めがくそめんどい)

戦列艦をこそーっと臼砲で先制攻撃してから波状攻撃であっという間に沈めるととても気持ちいいですね(ツヤツヤ


ただ、移動も船がメインとなるため、ぶっちゃけくそ眠い。でも寝ると陸にぶつかって痛い。


陸上ではケンウェイの二刀流が非常にかっこいい。ケンウェイ自体はマジで終盤までただのゴロツキだけど、二刀流がかっこいい。
んだが、戦闘、特に乱戦は史上最悪レベル。とにかく画面外からの横槍も酷いし、ガード崩しから別のターゲットに攻撃なんて当たり前だし、とにかくウザい。

サブウェポンの銃は乱戦時には逆に強く、剣術からのコンボ連射であっという間に3,4人を倒すことができ、乱戦時に敵の数を減らしたり、船に乗り込んだ際のトドメに最適。
さらにダートはバーサク、スリープ共に強力。ロープダートもかなり終盤での入手になるがイケメン(強いとは言ってない


(カウンターが結局最強なのはアサクリの定石

ただ、3同様シナリオの終盤がちょっと寂しいというか、ケンウェイ自体は色んなものを失ってものすごく成長したんだけど、なんか「いいやつはみんな死ぬ」的な雰囲気もあって、最後はかつていた仲間がごっそりいなくなってて、ちょっとセンチメンタルですね。


まぁつまり3よりは面白いけど、1や2といった作品には程遠いと・・・・・

ココらへんで気づくんだよ、結局シンプルだった時期が一番面白かったんじゃないかって。



よし、次回は日本を舞台にジャパニーズ・ニンジャ・クリードやろう!
[ 2013/12/20 23:11 ] .ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。