どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恋がさくころ桜どき 杏ルート

恋がさくころ桜どき
まだやってんのかよとか言わないでください、何でもしますから。

今回はメインヒロイン(?)でもあるちょっと暴走気味の生徒会長、神鳳杏。

ぶっちゃけ共通ルートで最もどうでもいいなぁと思えたキャラなんですけどこれでもメイン張ってるんですよね、うん。なんかキャラが好きになれないというか、しっくり受け入れられないというか。

シナリオ的には今までのキャラは割りと死神の存在などを練り込むようなことはしなかったけど、こちらはガッツリ死神が絡む感じですね。


※ネタバレ注意


共通の時点で何か思わせぶりな言動のあった杏。その正体はうちにエレアノールという死神を宿す人と死神のハーフ。そしてティナの保護者(主にエレが)でもあった。
彼女の目的はもちろん家出したティナを連れ戻すこと。

しかしティナもガンとして言うことを聞かない上になんかわいわいやってるうちにあっという間に主人公と杏がラブラブ状態に。割りとしょっちゅう杏から色仕掛けを仕掛けていたわりにはなんか右往左往してた気がしますが。
なんかこのゲームのヒロイン全般に言えることだけど、なんか突然主人公に惚れたりしてチョロすぎる気がするんだよなぁ。もちろんそれは主人公側もだけど。

しかし杏は死神とのハーフ故、通常の人とは違い歳を取るということがない。それゆえにいざとなったら普通の人間である主人公を拒むんだけど、主人公からしてみればそんなの関係ねぇ。で、万事解決。愛の力だね。

だが杏には実はまだ気がかりなことが。それは長年同じ体を共有し続けているエレの存在。
その存在はもはや親友なんてレベルすら超えた決して無視することの出来ない存在。そんなエレが実は主人公に惚れてんじゃないかと思い、杏は度を過ぎたお節介から再び主人公から身を引こうとする。
エレと主人公でエレに全てを譲ることを選んだ杏。だがそれはエレも主人公も到底納得できるものではなかった。

みんなが笑顔で迎えられるハッピーエンドしか許さない主人公くんはエレと共に杏を説得。無事、二人の仲は元通りになりましたとさ。
杏ルートではこの話に絡み、かつて主人公を瀕死の重傷(ってか死んでた?)から救った死神の話も明かされる。それはかつで杏とエレが鍛え上げた弟子死神であり、ティナのお姉さんでもあった。


ティナの家出の理由が本当に普通に反抗期的家出だったのは肩透かしでしたw
行き過ぎた愛情表現は反抗期の子供には毒ですね。


そんなわけでまぁこんなもんかとしか言えない杏ルートが終わりました。最後の最後まであんまりキャラに魅力を感じなかったせいでかなりする~~~~~っと流して終わらせた感じ。
(ってかこのゲームのシナリオが全般的にねぇ・・・・)


最後はおまけ?なのか、本ゲームの本命?なのか、家出死神の出番です。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。