どすこい喫茶ジュテーム

やったゲームとか、見たアニメとか、そこらへんのお話がしたい

恋がさくころ桜どき レビュー

恋がさくころ桜どき
もにょもにょっと終わらせてレビューおよび感想。

「恋をしよう」というテーマの元、超クール美男子主人公があっという間に恋愛にうつつを抜かして骨抜きにされていく様子を観察する作品。
まぁクール系主人公がばっきばきにキャラ崩壊するのはエロゲじゃよくあることなので気にしないでおこう。エロゲの主人公たるもの変態的思考が2つくらいないとやっていけないからね。

全体的に悪い人のいない、誰もが犠牲になることのないハッピーエンドを目指すということで多少のシリアス展開はあるものの、後味が悪いような感じはせず、全体的にすっきり収まりましたね。

ただ、眠いんですよねぇ・・・・・起伏がないというか、ただの日常的な会話にもしっかり重みをおいて描写する分、何てこと無い会話をダラダラと続けられるシーンが多めとの言えるので。

※ネタバレ有り


<システム>
最近のエロゲにしてはコンフィグが割りと少なめ。
ルート分岐自体はほぼ一回の選択肢で分かれるのでとても分かりやすい。ヒロイン4人を終えるとティナルートが解禁する。
何とも無難な感じ。


<キャラ>
ヒロイン勢はやはりメインの杏がどこか魅力不足・・・・。個人的には夕莉でしょうか?普通に人気高そうですしね。チョロそうなあたり。
ただ夕莉ルートでものすごい出しゃばってくる花子が非常に鬱陶しくて嫌いでした。あんななりふり構わず汚い言葉で噛み付いてくる人はどうかと思いますけど。男なら殴ってる。

意外とどのルートでもティナがいい仕事をするのがいいですね。世間知らずで空気がちょっと読めないキャラだが、その空気の読めなさが色々と抱え込んで爆発しそうな主人公たちの逆境に楔をぶち込む役割を果たしています。

そう言えば笑えない設定はなんか気がついたらどーでもよくなってましたね。たまに思い出したように出てきたけど、ふーんって感じであんまりシナリオには影響なかったですね。
ティナルートはロリコン。

<サウンド>
何故かOPが二曲。あんまり印象に残ってないけど。
タイトル画面の曲はとても春らしいいい曲ですね。
割りと暗めな曲も多めで、ティナルートでは多用されていたせいであのルートはどこかセンチメンタルな雰囲気がありましたね。

<エッチ>
一人3~4回っていったところだったような。何故かエレにも1枠。お前そんなところで何しとるんじゃ。
サブは一切なく、こちらもまた無難な感じで。CGや差分もそんなに多くなかったです。物足りなくはないんだけど、実用性あるかと言われたら皆無かなぁ。


<シナリオ>
ルートによって長さよりも密度に差があった気がします。前述したような、なんてことない会話をズルズル長めに描写するルートや、きちんとキャラの心理描写の変化を順々に丁寧に描くルートなど、イベント自体は全体的に少ないがどこか長く感じる。

主人公とヒロインが結ばれるまではちょっと強引というか、そこまで強烈なきっかけがあるわけでもないのにあっという間に相思相愛になれる便利な展開。
ヒロインが個別の入ると正直ちょっと面倒臭いのが気になりましたね。その面倒臭いのがそのままシナリオに跳ねるせいで、「いや、これそもそもこんな事態に陥る必要すらなかったのでは???」って思うのが正直なところ。

起伏は少なく、割りとテキトーに流し見してた感じで終わっちゃいました。つまらなくはないんだけど、明らかパンチ力不足。インパクトがなく、あまり長く記憶に残り辛い。


総評
65 /100 点


無難、その一言に尽きる。
キャラの可愛さは原画も相まって(一部を除いて)文句なしだが、シナリオが兎にも角にも眠い。
おまけに個別でヒロインたちの若干面倒臭い性格がちらほら見えてしまうのは人によっては「うざい」と思われかねない危険因子。
残念ながら数ヶ月後にはシナリオ全体をすっぽり忘れてそうな感じではありますね。死神というインパクトが残せそうな存在を用意しておきながら、ティナルート以外ではそのインパクトを全くと言っていいほど使わなかったせいかもしれない(杏ルートにも死神が非常に絡むが、オチとしてはただの三角関係で別に死神設定なくても問題なかったよね)

以上。

次は~何かエロゲやるんですかねぇ。
気になる作品はいくつかあるけど、発売はまだ数ヶ月先なもので・・・・

そんなこと言ってる場合じゃない!来月はもうキングダムハーツ2.5ですよ!
お前の夏休み、俺が終わらせてるって言ってんだッッッッッッッッッッッッッッッッ!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL